組織のエンゲージメントを向上させるには?取り組み方法や高めるメリット・ポイントなどを解説

組織マネジメント

会社組織における「エンゲージメント」とは、組織自体と従業員との関係を示し、エンゲージメント向上を重要な経営戦略の一つとして位置付ける企業が増えています。

この記事では、エンゲージメントとは何か、なぜ注目されているのか、エンゲージメントを高めるためのポイントをわかりやすく説明します。

Contents

組織エンゲージメントとは

組織エンゲージメント(organizational engagement)は、従業員が自らの仕事や職場、組織に対して感じる一体感や関与度合いを指す概念です。これは、従業員が組織の目標や価値観を理解し、自らの業務に熱意を持って取り組む状態を表します。エンゲージメントの高い従業員は、組織の成功に対する責任感が強く、積極的に貢献しようとする姿勢が見られます。

組織エンゲージメントの重要性

組織エンゲージメントが高いことは、以下のような多くの利点をもたらします。

生産性の向上

エンゲージメントが高い従業員は、自らの業務に対して高いモチベーションを持ち、積極的に業務に取り組むため、生産性が向上します。彼らは自分の仕事に誇りを持ち、常に改善を図ろうとするため、結果的に組織全体の業績も向上します。

顧客満足度の向上

エンゲージメントの高い従業員は、顧客対応にも積極的です。彼らは顧客のニーズを理解し、適切なサービスを提供するため、顧客満足度も向上します。満足した顧客はリピーターとなり、組織の売上増加に貢献します。

離職率の低下

エンゲージメントが高い従業員は、組織への帰属意識が強いため、離職率が低くなります。従業員の離職は、組織にとってコストやノウハウの流出につながるため、離職率の低下は大きなメリットです。

イノベーションの促進

エンゲージメントの高い従業員は、積極的にアイデアを出し、組織の改善や革新に貢献します。彼らはリスクを恐れず、新しい挑戦をすることが多いため、組織内でのイノベーションが促進されます。

組織エンゲージメントを向上させる方法

組織エンゲージメントを向上させるためには、以下のような施策が有効です。

コミュニケーションの促進

組織内でのオープンなコミュニケーションを促進することが重要です。従業員が自分の意見を自由に言える環境を整えることで、組織全体の透明性が高まり、エンゲージメントが向上します。定期的なミーティングや意見交換の場を設けることも有効です。

認識と報酬

従業員の成果を適切に認識し、報酬することはエンゲージメント向上に直結します。従業員が自分の努力が評価されていると感じることで、さらなる努力を促すことができます。具体的には、賞与や昇進、表彰制度などが考えられます。

キャリア開発の支援

従業員のキャリア開発を支援することも重要です。教育研修やスキルアップの機会を提供することで、従業員は自身の成長を実感し、組織へのエンゲージメントが高まります。また、明確なキャリアパスを提示することも、従業員の長期的なエンゲージメントに寄与します。

働きやすい環境の整備

従業員が働きやすい環境を整えることも、エンゲージメント向上に繋がります。適切なワークライフバランスを支援し、柔軟な働き方を導入することが重要です。例えば、テレワークやフレックスタイム制度の導入などが考えられます。

リーダーシップの強化

リーダーが従業員のエンゲージメント向上に積極的に取り組むことが必要です。リーダーシップは、従業員のモチベーションやエンゲージメントに大きな影響を与えます。リーダーは、従業員との信頼関係を築き、彼らの意見を尊重し、サポートする姿勢を持つことが求められます。


組織エンゲージメントは、組織の成功に欠かせない要素です。エンゲージメントの高い従業員は、組織の目標達成に積極的に貢献し、顧客満足度の向上、生産性の向上、離職率の低下、イノベーションの促進といった多くの利点をもたらします。組織は、オープンなコミュニケーション、適切な認識と報酬、キャリア開発の支援、働きやすい環境の整備、リーダーシップの強化といった施策を通じて、エンゲージメントを高める努力を続けることが重要です。

エンゲージメントが注目される背景

近年、組織エンゲージメントが多くの企業や組織で注目されるようになっています。その背景には、働き方やビジネス環境の変化、そして人材の重要性に対する認識の高まりがあります。以下に、エンゲージメントが注目される主な背景を詳述します。

グローバル競争の激化

現代のビジネス環境では、グローバル競争が一層激しくなっています。市場が国際化し、企業は世界中の競合他社と戦わなければならなくなっています。このような状況下で、企業が競争力を維持するためには、優れた製品やサービスを提供するだけでなく、高いエンゲージメントを持つ従業員を確保し、その能力を最大限に引き出すことが不可欠です。エンゲージメントの高い従業員は、より創造的で生産性が高く、顧客満足度の向上にも寄与します。

労働力の多様化と世代交代

労働力の多様化が進む中で、企業は異なる価値観や働き方を持つ従業員を効果的にマネジメントする必要があります。特にミレニアル世代やZ世代の台頭により、従業員のエンゲージメントがさらに重要視されるようになりました。これらの世代は、仕事に対する意義や自己実現を重視し、従来の経済的報酬だけでは満足しません。彼らは組織のミッションやビジョンに共感し、自分の成長やキャリアアップを支援してくれる環境を求めています。そのため、エンゲージメントを高めることが、優秀な人材の確保と維持に直結します。

働き方改革とウェルビーイングの重視

近年、日本を含む多くの国で働き方改革が推進されています。労働時間の短縮やテレワークの普及、ワークライフバランスの向上など、従業員の働きやすさに焦点を当てた施策が増えています。これらの施策は、従業員のウェルビーイング(健康と幸福)を向上させ、結果的にエンゲージメントの向上につながります。従業員が心身ともに健康であることが、組織の生産性や創造性に寄与するという認識が広がっているため、エンゲージメントが重要視されるようになっています。

イノベーションの必要性

現代のビジネス環境では、イノベーションが企業の競争優位性を確保するために欠かせません。エンゲージメントの高い従業員は、自らの仕事に対して積極的であり、革新的なアイデアを提案しやすい環境を求めます。エンゲージメントが高まることで、従業員はリスクを恐れずに新しい挑戦をする意欲が高まり、結果的に企業全体のイノベーションが促進されます。企業は、エンゲージメントを高めることで、競争力を維持し、新しい市場機会を掴むことができます。

デジタル化とテクノロジーの進展

デジタル化やテクノロジーの進展により、働き方やコミュニケーションの方法が大きく変わりました。リモートワークの普及やクラウドベースのコラボレーションツールの導入により、従業員は場所を問わずに働けるようになりました。これに伴い、エンゲージメントの維持が重要な課題となっています。物理的な距離がある中でも、従業員が組織との一体感を持ち、積極的に業務に取り組むためには、エンゲージメントを高める取り組みが必要です。

社会的責任と持続可能性の追求

企業の社会的責任(CSR)や持続可能性に対する関心が高まる中で、エンゲージメントが重要な要素となっています。従業員は、自分が所属する企業が社会にどのような影響を与えるかを意識するようになっています。企業が持続可能な取り組みを推進し、社会貢献に積極的であることが、従業員の誇りやモチベーションを高めます。エンゲージメントの高い従業員は、企業のCSR活動にも積極的に関与し、組織の社会的価値を高めることに貢献します。


組織エンゲージメントが注目される背景には、グローバル競争の激化、労働力の多様化と世代交代、働き方改革とウェルビーイングの重視、イノベーションの必要性、デジタル化とテクノロジーの進展、そして社会的責任と持続可能性の追求といった多くの要因が存在します。

これらの要因が相まって、エンゲージメントを高めることが組織の成功にとってますます重要な課題となっています。企業は、従業員のエンゲージメントを向上させるための戦略を積極的に取り入れ、持続的な成長と競争力を維持する努力を続けることが求められています。

組織エンゲージメントを高めると組織はどうなるか

組織エンゲージメント(organizational engagement)を高めることは、組織全体にとって多くの利点をもたらします。エンゲージメントの高い従業員は、組織に対して高い忠誠心を持ち、積極的に貢献する姿勢が見られます。以下に、組織エンゲージメントを高めることで組織がどのように変わるかについて詳述します。

生産性の向上

エンゲージメントが高い従業員は、自分の仕事に対して強い責任感を持ち、業務に全力を尽くします。彼らは業務効率を高めるための改善提案を積極的に行い、常に高いパフォーマンスを発揮します。結果として、組織全体の生産性が向上し、競争力が強化されます。

離職率の低下

従業員が組織に対して高いエンゲージメントを持つと、組織に対する満足度や忠誠心が向上します。これにより、従業員の離職率が低下します。離職率の低下は、組織にとって大きなメリットです。なぜなら、新しい人材の採用や訓練にかかるコストや時間を削減でき、組織の安定性が高まるからです。

顧客満足度の向上

エンゲージメントの高い従業員は、顧客に対しても積極的に対応します。彼らは顧客のニーズを深く理解し、高品質なサービスを提供することで顧客満足度を向上させます。顧客満足度の向上は、顧客のリピート率を高め、長期的な収益増加につながります。

イノベーションの促進

エンゲージメントの高い従業員は、新しいアイデアを提案し、組織の革新に貢献します。彼らは現状に満足せず、常に改善を追求します。組織は、エンゲージメントの高い従業員の創造的な提案を取り入れることで、製品やサービスの質を向上させ、市場での競争力を強化することができます。

ポジティブな職場文化の形成

エンゲージメントの高い従業員が多い組織は、ポジティブな職場文化が形成されます。従業員同士の協力関係が強まり、コミュニケーションが円滑になります。ポジティブな職場文化は、従業員のモチベーションを高め、新たな人材の採用にも有利に働きます。

経済的利益の増加

エンゲージメントの高い従業員は、業務に対する効率性を高め、顧客満足度を向上させるため、結果として組織の経済的利益も増加します。高い生産性、低い離職率、高い顧客満足度の組み合わせは、組織の収益性を向上させ、持続的な成長を支える要因となります。

組織エンゲージメントを高めるための具体的な方法

組織エンゲージメントを高めるためには、以下のような具体的な施策が有効です。

オープンなコミュニケーションの促進

従業員が自分の意見を自由に表現できる環境を整えることが重要です。定期的なミーティングやフィードバックセッションを設け、従業員の声を反映する文化を醸成します。

適切な認識と報酬

従業員の努力や成果を適切に評価し、報酬を与えることがエンゲージメント向上に直結します。賞与、昇進、表彰などの制度を導入し、従業員のモチベーションを高めます。

キャリア開発の支援

従業員が自己成長を実感できるよう、キャリア開発を支援するプログラムを提供します。教育研修やスキルアップの機会を設けることで、従業員は自分の未来に対して前向きな姿勢を持つことができます。

柔軟な働き方の導入

ワークライフバランスを重視し、テレワークやフレックスタイム制度を導入することで、従業員が働きやすい環境を提供します。これにより、従業員の満足度とエンゲージメントが向上します。

リーダーシップの強化

リーダーが従業員のエンゲージメント向上に積極的に関与することが必要です。リーダーは、従業員との信頼関係を築き、彼らの意見を尊重し、サポートする姿勢を持つことが求められます。


組織エンゲージメントを高めることで、組織は多くの利点を享受できます。生産性の向上、離職率の低下、顧客満足度の向上、イノベーションの促進、ポジティブな職場文化の形成、そして経済的利益の増加など、組織全体のパフォーマンスが向上します。これらの成果を実現するために、組織はエンゲージメントを高めるための具体的な施策を継続的に実施し、従業員の満足度とモチベーションを維持することが重要です。

組織エンゲージメントの調べ方

組織エンゲージメントを効果的に評価するためには、従業員の意識や態度、行動を体系的に測定することが重要です。以下に、組織エンゲージメントを調べるための具体的な方法と手順について詳述します。

従業員サーベイ

従業員サーベイ(アンケート調査)は、エンゲージメントを評価する最も一般的で効果的な方法です。定量的なデータを収集できるため、エンゲージメントのレベルを客観的に把握することができます。

  • 質問項目の設計:エンゲージメントの評価には、以下のような主要な要素に関する質問を含めると効果的です。
  • 仕事の満足度:自分の仕事に対してどれだけ満足しているか。
  • 組織への忠誠心:組織に対する愛着や忠誠心の度合い。
  • 上司との関係:上司とのコミュニケーションやサポートの質。
  • キャリアの成長:キャリア開発や成長の機会に対する評価。
  • ワークライフバランス:仕事とプライベートのバランスに対する満足度。
  • 実施と分析:サーベイを実施し、回答データを収集します。統計分析を行い、エンゲージメントの全体的な傾向や問題点を特定します。

インタビューとフォーカスグループ

定性的な情報を収集するために、インタビューやフォーカスグループを活用することが有効です。これにより、サーベイでは得られない深い洞察を得ることができます。

インタビュー

個別に従業員と面談し、エンゲージメントに関する詳細なフィードバックを収集します。質問はオープンエンド形式とし、従業員が自由に意見を述べられるようにします。

フォーカスグループ

複数の従業員を集めてグループディスカッションを行い、エンゲージメントに関する共通の課題や感情を引き出します。異なる部門や職階の従業員を含めることで、多様な視点を得ることができます。

パフォーマンスデータの分析

従業員のパフォーマンスデータも、エンゲージメントの指標として利用できます。高いエンゲージメントを持つ従業員は、一般的に高いパフォーマンスを発揮します。

業績評価

定期的な業績評価データを分析し、エンゲージメントの高い従業員と低い従業員の間にパフォーマンスの違いがあるかを確認します。

離職率

離職率のデータを分析し、高いエンゲージメントを持つ従業員がどれだけ長く組織に留まるかを評価します。離職率の低下は、エンゲージメントの向上を示す重要な指標です。

社内コミュニケーションの評価

エンゲージメントを高めるための社内コミュニケーションの質も重要な要素です。コミュニケーションツールの利用状況や、従業員のフィードバックを分析します。

コミュニケーションツールの利用状況

メール、チャット、ビデオ会議などのコミュニケーションツールの使用頻度や効果を評価します。

フィードバックシステム

従業員がフィードバックを提供する機会を設け、その内容を分析します。オープンドアポリシーや匿名のフィードバックシステムを導入することが効果的です。

エンゲージメントの指標設定

組織エンゲージメントを測定するために、具体的な指標を設定します。これにより、エンゲージメントの現状を把握し、改善の進捗を継続的にモニタリングすることができます。

エンゲージメントスコア

サーベイやインタビューから得られたデータを基に、エンゲージメントスコアを算出します。スコアは定期的に見直し、改善のための目標設定に利用します。

KPI(重要業績評価指標)

エンゲージメントの向上に関連するKPIを設定し、達成度を評価します。例えば、従業員満足度、離職率、顧客満足度などがKPIに含まれます。


組織エンゲージメントを調べるためには、定量的なサーベイと定性的なインタビューやフォーカスグループを組み合わせて実施することが重要です。また、パフォーマンスデータや社内コミュニケーションの評価を通じて、多角的にエンゲージメントを測定することが効果的です。これらの方法を統合してエンゲージメントの現状を把握し、具体的な改善策を講じることで、組織全体のパフォーマンス向上に寄与します。

組織エンゲージメントを高める方法

組織エンゲージメントは、従業員が仕事に対して持つ情熱や献身の度合いを示す重要な概念です。エンゲージメントが高い従業員は、生産性が高く、企業の成功に大きく貢献します。ここでは、組織エンゲージメントを高めるための効果的な方法をいくつか紹介します。

明確なビジョンとミッションの共有

企業のビジョンやミッションは、従業員にとっての指針となります。これらを明確にし、全従業員と共有することで、組織の方向性を理解し、自分の役割がどのように貢献するかを認識できます。定期的にミーティングやコミュニケーションツールを用いてビジョンやミッションを伝えることが重要です。

透明なコミュニケーション

オープンで透明なコミュニケーションは、信頼関係の構築に不可欠です。経営陣からの情報共有だけでなく、従業員からのフィードバックを積極的に受け入れる文化を醸成することが求められます。定期的な全社ミーティングや部門ミーティング、または匿名で意見を述べられるアンケートなどを活用して、双方向のコミュニケーションを促進しましょう。

従業員の成長とキャリア開発の支援

従業員が自身の成長を実感できる環境を提供することは、エンゲージメント向上に直結します。スキルアップのための研修プログラムやキャリアパスの明示、メンター制度の導入など、従業員が自己実現を図れる支援策を講じることが大切です。また、定期的な評価とフィードバックを通じて、個々の成長を見守り、適切なサポートを行いましょう。

ワークライフバランスの促進

ワークライフバランスの取れた環境は、従業員の満足度を高め、エンゲージメントの向上に寄与します。フレックスタイム制度やリモートワークの導入、有給休暇の取得推奨など、柔軟な働き方を支援する施策を実施しましょう。また、従業員の健康管理にも注意を払い、ストレス軽減のためのプログラムやメンタルヘルスサポートを提供することも重要です。

認知と報酬の適正化

従業員の努力や成果を適切に評価し、認知することは、モチベーション向上につながります。定期的な評価制度を整備し、優れた成果を上げた従業員には報奨を与えることが効果的です。また、金銭的報酬だけでなく、表彰や感謝の言葉など、非金銭的な認知も大きな影響を持ちます。

チームビルディング活動の推進

チームビルディング活動は、従業員同士の絆を強め、協力関係を深化させる機会を提供します。オフサイトミーティングやレクリエーション活動、ボランティア活動などを通じて、チーム内の信頼感や一体感を高めましょう。これにより、仕事のパフォーマンス向上や職場の雰囲気の改善が期待できます。

意義のある仕事の提供

従業員は、自分の仕事が社会や組織にどのように貢献しているかを感じることで、より高いモチベーションを持つようになります。仕事の意義を明確にし、それが企業のミッションやビジョンにどう関わっているかを示すことが重要です。また、プロジェクトの達成感を味わえるよう、目標設定や業務の進捗管理をしっかりと行うことも大切です。


組織エンゲージメントを高めるためには、経営陣のリーダーシップと従業員の協力が欠かせません。明確なビジョンとミッションの共有、透明なコミュニケーション、従業員の成長支援、ワークライフバランスの促進、適切な認知と報酬、チームビルディング活動、意義のある仕事の提供など、多角的なアプローチを通じて、従業員のエンゲージメントを高めていきましょう。これにより、組織全体の生産性と業績が向上し、持続可能な成長が実現します。

組織エンゲージメントを高める組織開発のポイント

組織エンゲージメントを高めるための組織開発は、企業の持続的な成長と成功に不可欠です。従業員が企業に対して情熱と献身を持ち続けるためには、戦略的な組織開発が求められます。以下では、組織エンゲージメントを向上させるための具体的な組織開発のポイントについて述べます。

ビジョンとミッションの再確認と共有

組織のビジョンとミッションは、従業員にとっての羅針盤です。これらを明確にし、全従業員と共有することで、組織の方向性を理解し、自身の役割を認識することができます。定期的にビジョンとミッションを見直し、全社的にコミュニケーションすることが重要です。

透明でオープンなコミュニケーション

オープンなコミュニケーションは、従業員の信頼感とエンゲージメントを高める鍵です。経営陣からの一方的な情報伝達だけでなく、従業員の声を積極的に聞き、フィードバックを取り入れる仕組みを整えましょう。タウンホールミーティングや定期的な一対一の面談、匿名で意見を述べられるアンケートなどを活用して、双方向のコミュニケーションを推進します。

継続的な学習とキャリア開発の支援

従業員が成長し続けられる環境を提供することは、エンゲージメント向上に直結します。スキルアップのための研修プログラムや、キャリア開発の機会を積極的に提供しましょう。また、メンター制度の導入や、個々のキャリアプランに基づいた支援を行うことも効果的です。

ワークライフバランスの推進

ワークライフバランスを重視した取り組みは、従業員の満足度を高め、エンゲージメントの向上に寄与します。フレックスタイムやリモートワークの導入、適切な有給休暇の取得推奨など、柔軟な働き方をサポートする制度を整えましょう。従業員の健康と幸福を重視し、ストレス管理やメンタルヘルスサポートの提供も重要です。

認知と報酬の充実

従業員の努力や成果を適切に評価し、認知することは、モチベーション向上に繋がります。定期的な評価制度を導入し、優れた成果を上げた従業員には報奨を与える仕組みを整えましょう。金銭的報酬だけでなく、表彰や感謝の言葉など、非金銭的な認知も大きな影響を持ちます。

チームビルディング活動の充実

チームビルディング活動は、従業員間の信頼感と協力関係を強化する機会を提供します。オフサイトミーティングやレクリエーション活動、ボランティア活動などを通じて、チームの一体感を高めましょう。これにより、仕事のパフォーマンス向上や職場の雰囲気の改善が期待できます。

意義のある仕事の提供

従業員は、自分の仕事が組織や社会にどのように貢献しているかを理解することで、高いモチベーションを持つようになります。業務の意義を明確にし、それが企業のビジョンやミッションとどう関連しているかを示すことが重要です。また、プロジェクトの達成感を味わえるよう、目標設定や進捗管理をしっかりと行うことも大切です。

多様性と包摂の推進

多様性と包摂のある職場は、創造性とイノベーションを促進します。従業員が自身の意見やアイデアを自由に表現できる環境を整えることで、エンゲージメントが高まります。多様なバックグラウンドを持つ従業員が共に働くことで、組織全体の視野が広がり、より良い意思決定が行われるようになります。


組織エンゲージメントを高めるための組織開発は、従業員の満足度と生産性を向上させるために欠かせない要素です。ビジョンとミッションの共有、透明なコミュニケーション、継続的な学習とキャリア開発、ワークライフバランスの推進、認知と報酬の充実、チームビルディング活動、意義のある仕事の提供、多様性と包摂の推進など、多角的なアプローチを通じて、従業員のエンゲージメントを高めていきましょう。これにより、組織全体の生産性と業績が向上し、持続可能な成長が実現します。

まとめ

組織エンゲージメントを高めるためには、従業員が組織に対して情熱と献身を持つ環境を作ることが重要です。まず、明確なビジョンとミッションを全従業員と共有し、組織の方向性を理解させます。これにより、従業員は自分の役割を認識し、組織への貢献を実感できます。次に、透明性のあるオープンなコミュニケーションを推進し、従業員の声を積極的に取り入れることで、信頼関係を構築します。定期的なミーティングやフィードバックシステムが有効です。

従業員の成長とキャリア開発の支援も重要です。研修プログラムやメンター制度の導入、キャリアパスの明示により、従業員が自己成長を実感できる環境を整えます。また、ワークライフバランスの推進も不可欠です。フレックスタイム制度やリモートワークの導入により、従業員のストレスを軽減し、働きやすい環境を目指しましょう。

監修者

髙𣘺秀幸
髙𣘺秀幸株式会社秀實社 代表取締役
2010年、株式会社秀實社を設立。創業時より組織人事コンサルティング事業を手掛け、クライアントの中には、コンサルティング支援を始めて3年後に米国のナスダック市場へ上場を果たした企業もある。2012年「未来の百年企業」を発足し、経済情報誌「未来企業通信」を監修。2013年「次代の日本を担う人財」の育成を目的として、次代人財養成塾One-Willを開講し、産経新聞社と共に3500名の塾生を指導する。現在は、全国の中堅、中小企業の経営課題の解決に従事しているが、課題要因は戦略人事の機能を持ち合わせていないことと判断し、人事部の機能を担うコンサルティングサービスの提供を強化している。「仕事の教科書(KADOKAWA)」他5冊を出版。コンサルティング支援先企業の内18社が、株式公開を果たす。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP