人事データ分析とは?使えるツールやメリット、選び方も紹介

参考資料

人事データ分析とは、勤怠・給与・評価・個人情報などの人事関連データを分析することです。近年は収集した人事データを分析し、人材配置や採用といった業務の改善に活用する企業も少なくありません。今回はさまざまな企業で人事データ分析が注目されている背景や分析の方法、分析に役立つツールなどについて詳しく解説します。

Contents

人事データ分析とは

人事データ分析(HRアナリティクス)は、企業の人事部門が従業員に関するデータを収集、分析し、その結果を基にして戦略的な意思決定を行うプロセスです。このプロセスは、従業員のパフォーマンス向上、採用活動の最適化、従業員の満足度向上、そして組織全体の生産性向上を目指します。

人事データ分析の重要性

現代のビジネス環境では、企業は競争力を維持し続けるためにデータ駆動型の意思決定が求められます。人事データ分析は、このデータ駆動型のアプローチを人事管理に応用するものであり、以下のような理由から非常に重要です。

採用プロセスの最適化

適切な候補者を見つけるために、応募者の履歴書や面接結果などのデータを分析し、どのような特性を持つ候補者が成功する傾向にあるかを明らかにします。

従業員のエンゲージメント向上

従業員の満足度調査やパフォーマンスデータを分析することで、エンゲージメントを向上させるための具体的な施策を導き出します。

離職率の低減

従業員の退職に関するデータを分析することで、離職の原因を特定し、適切な対策を講じることができます。

パフォーマンス管理

従業員のパフォーマンスデータを基に、トレーニングやキャリアパスの開発を支援し、従業員が最大限の能力を発揮できるようにします。

人事データの種類

人事データ分析で使用されるデータには、以下のようなものがあります。

個人データ

年齢、性別、教育背景、職歴などの基本的な個人情報。

パフォーマンスデータ

業務評価、達成したKPI(重要業績評価指標)、トレーニング履歴など。

エンゲージメントデータ

従業員満足度調査の結果、フィードバック、仕事に対する意識調査など。

離職データ

退職の理由、退職者の特性、退職後のキャリアパスなど。

データ分析手法

人事データ分析にはさまざまな手法があります。以下に代表的な手法をいくつか紹介します。

記述統計

データの基本的な傾向やパターンを把握するための手法。平均値、中央値、標準偏差などの基本的な統計量を計算します。

回帰分析

ある変数が他の変数にどのように影響するかを調べる手法。例えば、従業員の離職率に影響を与える要因を特定するために使用されます。

クラスタリング

データをグループに分ける手法。例えば、似たようなパフォーマンスを持つ従業員をグループ化し、それぞれに対して異なるトレーニングプログラムを提供する際に役立ちます。

機械学習

大量のデータをもとにパターンを学習し、将来の予測や意思決定を支援する手法。例えば、将来のリーダー候補を特定するために使用されます。

導入の課題と成功要因

人事データ分析を導入する際にはいくつかの課題があります。まず、データの質と量が問題となります。正確で信頼性の高いデータを収集するためには、適切なシステムとプロセスが必要です。また、データプライバシーとセキュリティの確保も重要な課題です。従業員の個人情報を扱うため、法規制に準拠し、データを適切に保護する必要があります。

成功するためには、経営陣の支持と理解が欠かせません。人事データ分析の重要性とそのメリットを経営陣に理解してもらい、必要なリソースを確保することが重要です。また、データサイエンスの専門知識を持つ人材を確保し、継続的なトレーニングを提供することも成功の鍵となります。

人事データ分析は、従業員に関するデータを活用して戦略的な意思決定を支援する重要なツールです。採用プロセスの最適化、従業員のエンゲージメント向上、離職率の低減、パフォーマンス管理など、さまざまな領域で企業の競争力を強化します。適切なデータの収集と分析、経営陣の支持、専門知識を持つ人材の確保が成功の鍵となります。

人事データ分析が注目されるようになった背景

人事データ分析(People Analytics、HR Analytics)が注目されるようになった背景には、現代のビジネス環境におけるいくつかの重要な要因があります。これらの要因は、技術的進歩から組織の戦略的ニーズの変化まで多岐にわたります。

テクノロジーの進化

まず、人事データ分析が注目されるようになった背景には、テクノロジーの急速な進化があります。ビッグデータ、クラウドコンピューティング、人工知能(AI)、機械学習などの技術は、以前は手作業で行われていた人事業務を自動化し、効率化するための新しい方法を提供しています。

これにより、大量のデータを迅速かつ正確に分析することが可能になり、従業員のパフォーマンスやエンゲージメント、離職リスクなどを予測するための高度な分析が実現しています。

データ駆動型意思決定の重要性

現代のビジネス環境では、データに基づく意思決定の重要性が増しています。企業は、競争力を維持するために迅速かつ的確な意思決定を行う必要があります。従来の経験や勘に頼る意思決定から脱却し、データに基づいた客観的な分析を行うことで、より正確で信頼性の高い判断を下すことができます。このため、人事データ分析が注目されるようになりました。

人材管理の複雑化

現代の職場は、ますます複雑化しています。リモートワークやハイブリッドワークモデルの普及、多様なバックグラウンドを持つ従業員の増加、グローバルな人材の管理など、人事部門が直面する課題は多岐にわたります。

これらの複雑な状況に対応するためには、詳細で正確なデータ分析が不可欠です。人事データ分析は、こうした複雑な状況に対処し、組織全体の効率性と生産性を向上させるための強力なツールとなります。

離職率の上昇と人材不足

多くの企業は、高い離職率や人材不足に直面しています。優秀な人材を確保し、長期間にわたり従業員を維持することは、企業の成功にとって重要な要素です。人事データ分析は、離職の原因を特定し、適切な対策を講じるための洞察を提供します。

これにより、企業は離職率を低減し、優秀な人材を確保するための戦略を効果的に実行することができます。

エンゲージメントと生産性の向上

従業員のエンゲージメント(仕事に対する情熱や満足度)と生産性は、企業のパフォーマンスに直結します。エンゲージメントの高い従業員は、より高いパフォーマンスを発揮し、企業の成功に貢献します。

人事データ分析を活用することで、従業員のエンゲージメントレベルを測定し、それを向上させるための具体的な施策を導き出すことができます。例えば、従業員満足度調査の結果を分析し、改善点を特定することが可能です。

多様性と包括性の推進

現代の企業は、多様性(ダイバーシティ)と包括性(インクルージョン)を推進することが求められています。多様なバックグラウンドを持つ従業員を公平に評価し、包括的な職場環境を提供することは、企業のイノベーションと競争力を高めるために重要です。

人事データ分析は、従業員の多様性に関するデータを収集し、分析することで、多様性と包括性の推進に貢献します。例えば、昇進や給与におけるジェンダーギャップを特定し、その是正に向けた具体的なアクションを提案することができます。

パフォーマンス管理の進化

従来のパフォーマンス管理手法は、年次評価に基づくものが主流でしたが、これでは従業員の継続的な成長やフィードバックが十分に得られないことが多いです。現代の人事データ分析は、リアルタイムでのパフォーマンス管理を可能にし、従業員の即時フィードバックや適切なトレーニングの提供を支援します。

これにより、従業員は自己の成長を実感し、企業全体のパフォーマンスも向上します。

法規制の強化

個人情報保護法やGDPR(一般データ保護規則)など、データに関する法規制が強化される中、企業は従業員データの適切な管理と保護が求められています。人事データ分析を適切に行うことで、法規制に準拠しつつ、データの価値を最大化することが可能です。データプライバシーとセキュリティを確保するための体制を整えることは、企業の信頼性向上にも繋がります。

人事データ分析が注目されるようになった背景には、テクノロジーの進化、データ駆動型意思決定の重要性、人材管理の複雑化、高い離職率と人材不足、エンゲージメントと生産性の向上、多様性と包括性の推進、パフォーマンス管理の進化、そして法規制の強化が挙げられます。これらの要因が相まって、企業は人事データ分析を活用し、より効果的な人事戦略を実行することが求められるようになっています。

目的とメリット

目的

業務効率の向上

人事データ分析の主要な目的の一つは、業務の効率化です。従業員の勤務時間、業務の成果、休暇の利用状況などを分析することで、効率的なリソース配分が可能となり、組織全体の生産性を向上させることができます。例えば、過剰な残業が発生している部門を特定し、その原因を分析することで、業務プロセスの改善や労働時間の調整を行うことができます。

採用戦略の改善

人事データ分析は、効果的な採用戦略の構築にも寄与します。過去の採用データを分析することで、どのような背景やスキルを持つ従業員が最も成功しているかを特定できます。この情報を基に、適切な採用チャネルや選考基準を設定し、優秀な人材を確保するための判断材料とします。また、採用活動の効率化も図ることができ、採用コストの削減にもつながります。

従業員のエンゲージメントと定着率の向上

分析を通じて、従業員の満足度やエンゲージメントの状況を把握することができます。従業員満足度調査や定期的なフィードバックを分析することで、不満がある部門や離職リスクの高い従業員を特定し、早期に対策を講じることが可能です。これにより、従業員の定着率を向上させ、長期的な組織の安定性を確保することができます。

スキル開発と教育の最適化

従業員のスキルセットやキャリアパスのデータを分析することで、組織が必要とするスキルや教育ニーズを特定できます。例えば、特定のスキルが不足している部門や、特定のスキルを持つ従業員が多い部門を把握することで、効果的なトレーニングプログラムを設計し、従業員の能力を最大限に引き出すことができます。また、キャリアパスの明確化により、従業員のモチベーション向上にもつながります。

メリット

データに基づく意思決定

データ分析を活用することで、感覚や経験に頼ることなく、客観的なデータに基づいた意思決定が可能となります。これにより、経営判断の精度が向上し、戦略的な人事管理が実現します。例えば、新たなポジションの創設や人員配置の見直しなど、具体的なデータに基づいた決定を行うことで、組織のパフォーマンスを最適化することができます。

コスト削減

効果的な人事データ分析により、無駄なリソースの削減や適切な労務管理が可能になります。例えば、残業の多い部門や過剰な人員配置を特定し、適切な対応を取ることでコスト削減が実現します。また、採用活動やトレーニングプログラムの効率化により、採用コストや教育コストの削減も期待できます。

リスク管理

人事データ分析を活用することで、従業員の離職リスクや不正行為の予兆を早期に発見することができます。例えば、勤務時間や業務パフォーマンスの異常な変動を検出することで、不正行為の予防や早期対策が可能となります。これにより、リスク管理の強化が図れ、組織の安定性を維持することができます。

パフォーマンス向上

分析結果を基に、パフォーマンスが低下している部門や従業員に対して具体的な改善策を講じることができます。例えば、特定の業務プロセスのボトルネックを特定し、その改善策を実施することで、組織全体のパフォーマンス向上が期待されます。また、優秀な従業員の成功要因を分析し、その知見を他の従業員に共有することで、組織全体のパフォーマンスを底上げすることができます。

従業員のキャリア開発支援

従業員一人一人のデータを詳細に分析することで、個々のキャリア開発ニーズに応じたサポートが可能となります。適切なキャリアパスの提案やスキル開発の支援を行うことで、従業員の満足度とエンゲージメントが向上します。例えば、特定のスキルを持つ従業員に対して、適切なトレーニングやプロジェクトへのアサインを行うことで、その従業員の成長を促進することができます。

このように、人事データ分析は組織の多岐にわたる課題を解決し、全体的なパフォーマンス向上と効率化を実現する強力なツールです。組織の目標達成に向けて、データに基づく戦略的なアプローチがますます重要となっています。

人事データ分析の課題

人事データ分析は、組織のパフォーマンス向上や人材管理の最適化に寄与する一方で、さまざまな課題を抱えています。本稿では、データの収集・管理、プライバシーとセキュリティ、データの質、解析技術の不足、倫理的な問題など、人事データ分析が直面する主要な課題について論じます。

データの収集と管理

データの一元化と整合性の確保

多くの企業では、複数のシステムやデータベースを利用して人事データを管理しています。この結果、データの一元化が困難となり、データの整合性を保つことが難しくなります。例えば、異なる部門や地域ごとに異なるフォーマットでデータが保存されている場合、それを統合する際に大きな手間がかかります。

データの更新頻度

人事データは動的なものであり、従業員の情報(職位、給与、評価など)は頻繁に変わります。そのため、データが常に最新であることを保証するのは容易ではありません。古いデータや不完全なデータに基づく分析は誤った結論を導きかねません。

プライバシーとセキュリティ

個人情報の保護

人事データには、従業員の個人情報(名前、住所、社会保障番号など)が含まれているため、プライバシー保護が非常に重要です。データの漏洩や不正アクセスを防ぐための厳格なセキュリティ対策が求められます。しかし、すべての企業が最新のセキュリティ技術を導入できるわけではなく、特に中小企業ではリソースの制約が問題となります。

法規制の遵守

個人情報保護法(GDPRやCCPAなど)に対応する必要があります。これらの法規制は、データの収集、保存、利用に関する厳格な基準を設けており、違反した場合の罰則も厳しいものです。企業はこれらの法規制に対応するための体制を整える必要があります。

データの質

データの正確性と完全性

データの入力ミスや欠損値は、分析の信頼性を著しく低下させます。例えば、従業員の評価データが不正確である場合、そのデータを基に行う昇進や報酬の決定は不公平なものになる可能性があります。データ入力の自動化や定期的なデータクレンジングが必要です。

データの偏り

人事データは、収集方法や評価基準の違いにより偏りが生じることがあります。例えば、特定の性別や人種が評価において不利になる場合、それがデータに反映されることになります。このようなバイアスを取り除くためには、公平な評価基準の設定と多様な視点からのデータ分析が必要です。

解析技術の不足

専門知識の欠如

効果的なデータ分析には、高度な統計学的知識やデータサイエンスの技術が必要です。しかし、すべての企業がそのような専門家を雇用できるわけではありません。特に中小企業では、人材やリソースの不足が大きな課題となります。

ツールとソフトウェアの導入コスト

高度なデータ分析ツールやソフトウェアは高価であり、その導入と維持にはコストがかかります。これにより、特に小規模な企業は最新の解析技術を利用することが難しくなります。

倫理的な問題

公平性と透明性

データ分析の結果をどのように利用するかは、倫理的な問題を含みます。例えば、分析結果を基に従業員を評価・昇進させる際に、そのプロセスが透明で公正であることが求められます。分析に基づく意思決定が不透明であると、従業員の信頼を失う原因となります。

人間関係への影響

データ分析により従業員のパフォーマンスが詳細に把握されることは、監視されているという感覚を従業員に与える可能性があります。これがストレスやモチベーションの低下を招くことも考えられます。データ分析の結果をどのように従業員にフィードバックするかについても慎重な配慮が必要です。

人事データ分析は組織のパフォーマンス向上に大きな可能性を秘めていますが、その成功には多くの課題を克服する必要があります。データの収集・管理、プライバシーとセキュリティ、データの質、解析技術の不足、そして倫理的な問題に対処するためには、組織全体での取り組みが必要です。適切な対策を講じることで、人事データ分析の効果を最大限に引き出し、持続可能な競争優位を確立することができるでしょう。

一般的な流れと各フェーズのポイント

人事データ分析の一般的な流れと各フェーズのポイントについて、以下に詳細に説明します。このプロセスは、データの収集から分析結果の活用までの一連のステップを含みます。

データの収集

内部データの収集

人事データ分析は、まず内部データの収集から始まります。これには、従業員のプロフィール情報、勤怠データ、評価データ、給与データ、研修記録などが含まれます。これらのデータは通常、HRシステムや給与管理システムから取得されます。

外部データの収集

内部データに加えて、業界標準や市場データなどの外部データも重要です。これにより、自社の状況を外部環境と比較することができます。

データの整理とクリーニング

データの統合とフォーマットの統一

収集されたデータは、異なるフォーマットやシステムから来ていることが多いため、一貫性を持たせるための統合作業が必要です。例えば、異なるシステムで保存されているデータを統合するためのETL(Extract, Transform, Load)プロセスが実施されます。

データのクリーニング

データには欠損値や誤入力が含まれていることがあるため、これらを修正または補完する作業が必要です。不正確なデータは分析結果の信頼性を損なうため、クリーニングプロセスは非常に重要です。

データの分析

探索的データ分析(EDA)

データの基本的な特徴を理解するために、まず探索的データ分析を行います。EDAでは、統計的な概要や可視化を通じて、データの分布やパターンを確認します。

統計分析とモデリング

探索的データ分析の結果に基づき、具体的な分析手法を選択します。例えば、回帰分析やクラスタリング、決定木などの機械学習アルゴリズムを用いて、従業員の行動やパフォーマンスの予測モデルを構築します。

因果関係の特定

単なる相関関係ではなく、因果関係を特定するための分析も重要です。これにより、特定の施策が従業員のパフォーマンスにどのような影響を与えるかを理解することができます。

結果の解釈と報告

データビジュアライゼーション

分析結果を分かりやすく伝えるために、グラフやチャートを用いたデータビジュアライゼーションを行います。これにより、複雑なデータも視覚的に理解しやすくなります。

レポート作成

分析結果をまとめたレポートを作成し、経営層や関連部門に報告します。レポートには、主要なインサイト、提案、具体的なアクションプランが含まれます。

インサイトの解釈

データ分析から得られたインサイトを、組織の具体的な状況や目標と照らし合わせて解釈します。例えば、従業員のエンゲージメントが低下している原因を特定し、それに対する対策を考案します。

インサイトの実行と評価

施策の実行

分析結果に基づいて、具体的な施策を実行します。例えば、従業員の離職率が高い場合、その原因に対処するための研修プログラムや福利厚生の改善を実施します。

効果のモニタリング

実行した施策の効果をモニタリングし、定量的な指標で評価します。これにより、施策の有効性を確認し、必要に応じて修正を行います。

フィードバックループの構築

分析、実行、評価のサイクルを繰り返し行うことで、継続的な改善を図ります。これにより、データドリブンな人事戦略が組織全体に定着し、効果を発揮します。

人事データ分析のプロセスは、データの収集から結果の解釈と実行まで、複数のフェーズに分かれています。それぞれのフェーズにおいて、データの質の確保、適切な分析手法の選択、分かりやすい報告、そして実行と評価が重要なポイントとなります。これらのステップを効果的に実施することで、人事データ分析は組織の意思決定を支援し、持続的なパフォーマンス向上を実現するための強力なツールとなります。

分析に使えるツールと選び方

人事データ分析には、データの収集、処理、分析、および可視化に役立つさまざまなツールが存在します。適切なツールを選ぶことは、分析の成功に直結します。以下では、人事データ分析に使える代表的なツールとその選び方について説明します。

データ収集ツール

選び方のポイント

データの規模

大規模データには高度なシステムが必要です。Excelは数千行までが限界です。

自動化のニーズ

定期的なデータ更新や統合が必要な場合、HRシステムや自動化ツールが便利です。

データの種類

テキスト、数値、画像など多様なデータを扱う場合、それぞれに適したツールを選択します。

代表的なツール

Excel/Google Sheets

小規模なデータセットに対しては、ExcelやGoogle Sheetsが有用です。データの手動入力や基本的な集計が可能です。

HRシステム(ERP、HCM)

 Workday、SAP SuccessFactors、Oracle HCMなどの人事管理システムは、従業員データを包括的に管理し、分析用にエクスポートすることができます。

アンケートツール

SurveyMonkeyやGoogle Formsなどのアンケートツールは、従業員の満足度や意見を収集するために利用されます。

データ処理ツール

選び方のポイント

処理の複雑さ

複雑なデータ処理や変換が必要な場合、PythonやRの使用が推奨されます。

技術スキル

チームの技術スキルに合わせたツールを選択します。プログラミングの知識がない場合は、GUIベースのETLツールが適しています。

データの連携

他のシステムとのデータ連携が容易なツールを選ぶことで、効率的なデータ処理が可能になります。

代表的なツール

Excel/Google Sheets

基本的なデータクリーニングや前処理に適しています。

Python/R

Pandasやdplyrなどのライブラリを使用して、大規模データの処理や高度なデータクリーニングを行うことができます。

ETLツール

Talend、Apache NiFiなどのETL(Extract, Transform, Load)ツールは、複数のデータソースからのデータ統合に役立ちます。

データ分析ツール

選び方のポイント

分析の深度

基本的な集計や可視化で十分な場合はExcelやBIツールで対応可能です。高度な分析が必要な場合はPythonやRを検討します。

リアルタイム分析

リアルタイムのデータ分析が必要な場合、BIツールが適しています。

コスト

無料ツールやオープンソースのツールを検討することで、コストを抑えつつ高度な分析が可能です。

代表的なツール

Excel

基本的な統計分析やピボットテーブルを使用したデータ集計が可能です。

Python/R

機械学習アルゴリズムや統計モデルを用いた高度なデータ分析が可能です。Scikit-learn、TensorFlow、caretなどのライブラリが利用されます。

BIツール

Tableau、Power BI、QlikViewなどのBI(Business Intelligence)ツールは、データの可視化とインタラクティブな分析を支援します。

データ可視化ツール

選び方のポイント

可視化の複雑さ

複雑なビジュアルやダッシュボードが必要な場合、TableauやPower BIが適しています。

インタラクティブ性

インタラクティブなグラフやダッシュボードを作成する場合、BIツールが有用です。

カスタマイズ

特定のカスタマイズが必要な場合、PythonやRを使用して独自の可視化を作成します。

代表的なツール

Excel

基本的なグラフ作成機能を持ち、簡単な可視化が可能です。

Tableau/Power BI

複雑なデータセットの視覚化やダッシュボード作成に優れています。

Python/R

Matplotlib、ggplot2などのライブラリを使用して、カスタマイズされた可視化が可能です。

データセキュリティとプライバシー

選び方のポイント

ツールのセキュリティ機能

使用するツールが十分なセキュリティ機能を備えているか確認します。

データプライバシー

従業員のプライバシーを守るため、必要なセキュリティ対策が講じられているツールを選びます。

重要なポイント

アクセス制御

データにアクセスできるユーザーを制限し、機密情報の漏洩を防ぎます。

暗号化

データの保存および転送時には暗号化を行い、安全性を確保します。

コンプライアンス

データ保護に関する法規制(GDPR、CCPAなど)に準拠することが重要です。

以上が、人事データ分析に使えるツールとその選び方のポイントです。適切なツールを選び、効果的なデータ分析を行うことで、組織の戦略的な意思決定を支援することができます。

まとめ

人事データ分析は、組織の効率性とパフォーマンスを向上させるために重要な役割を果たします。まず、データに基づいた戦略的な意思決定をサポートし、労働力の動向、採用の効果、離職率の分析などを通じて、経営陣がより良い判断を下す手助けをします。

また、従業員のパフォーマンスデータを分析することで、トレーニングの必要性や評価制度の改善点を特定し、全体的なパフォーマンスの向上を図ります。採用データの分析により、最適な採用チャネルや方法を見つけ、採用プロセスの効率化と質の向上を実現します。

組織内の多様性に関するデータ分析は、コスト削減の機会を見つけ、財務効率を向上させることも重要です。

以上のように、人事データに基づくアプローチを採用することで、より効果的で効率的な人事管理を心がけ、組織全体の成長と成功を目指しましょう。

監修者

髙𣘺秀幸
髙𣘺秀幸株式会社秀實社 代表取締役
2010年、株式会社秀實社を設立。創業時より組織人事コンサルティング事業を手掛け、クライアントの中には、コンサルティング支援を始めて3年後に米国のナスダック市場へ上場を果たした企業もある。2012年「未来の百年企業」を発足し、経済情報誌「未来企業通信」を監修。2013年「次代の日本を担う人財」の育成を目的として、次代人財養成塾One-Willを開講し、産経新聞社と共に3500名の塾生を指導する。現在は、全国の中堅、中小企業の経営課題の解決に従事しているが、課題要因は戦略人事の機能を持ち合わせていないことと判断し、人事部の機能を担うコンサルティングサービスの提供を強化している。「仕事の教科書(KADOKAWA)」他5冊を出版。コンサルティング支援先企業の内18社が、株式公開を果たす。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP