企業の経営戦略に役立つフレームワークを詳しく解説

参考資料

企業が市場競争に勝ち残るためには、経営戦略が必要です。経営戦略は企業活動の方針を示すものですが、競合企業に打ち勝つにはフレームワークによる分析が大切です。

この記事では、企業の経営戦略に役立つフレームワークを紹介します。

Contents

経営戦略において分析はなぜ必要か

経営戦略において分析がなぜ必要なのかについて、以下に5つの重要な理由を挙げます。

市場理解と潜在ニーズの把握

分析は市場動向や顧客のニーズを理解するための重要な手段です。市場分析を通じて、競合状況や顧客の嗜好、市場の成長率などの情報を把握し、企業の製品やサービスがどのように市場にフィットするかを理解することができます。これにより、企業は市場での競争力を強化し、潜在的な成長機会を見逃さずに済みます。

リスク管理と機会の最大化

分析はリスクを予測し、管理するための重要なツールです。財務分析やリスク評価を通じて、経営者はビジネスのリスクを把握し、それに対する適切な対策を講じることができます。また、市場分析や競合分析を通じて、企業は潜在的な機会を発見し、それらを最大限に活用する戦略を展開することができます。

競合優位の確立と維持

分析は競合状況を把握し、競争力を高めるための重要な手段です。競合分析を通じて、企業は競合他社の戦略や強み、弱みを理解し、自社の競争戦略を適切に立案することができます。また、SWOT分析やポーターの競争戦略などのツールを使用して、企業の独自の競争優位性を確立し、維持するための戦略を構築することができます。

意思決定のサポートと戦略の実行

分析は意思決定をサポートし、戦略の実行を効果的に行うための重要なツールです。データと情報に基づいた分析を通じて、経営者はより合理的かつ客観的な意思決定を行うことができます。また、分析を通じて戦略の進捗をモニタリングし、必要に応じて戦略を修正することができます。

組織の学習と成長

分析は組織の学習と成長を促進するための重要な手段です。組織がデータ駆動型のアプローチを採用し、過去の経験やデータから学び、戦略の改善や最適化を行うことができます。また、分析を通じて組織内の情報共有や意思決定の透明性を高めることで、組織全体の学習と成長を促進することができます。


以上のように、経営戦略において分析は市場理解、リスク管理、競争優位の確立、意思決定のサポート、組織の学習と成長など、様々な側面で不可欠な役割を果たしています。

「フレームワーク」とは何か

「フレームワーク」とは、経営戦略において特定の問題や課題に対処するための概念的な枠組みや方法論を指します。これらのフレームワークは、経営者や経営陣が戦略策定や意思決定を行う際に利用され、問題の分析や解決策の選択に役立ちます。以下では、経営戦略におけるフレームワークの役割と種類について詳しく説明します。

役割と利点

問題の整理と分析

フレームワークは、複雑な問題や課題を整理し、システマティックに分析するための手法を提供します。経営者は、フレームワークを使用して問題を構造化し、異なる要因や影響を理解することができます。

意思決定のサポート

フレームワークは、経営者が意思決定を行う際に客観的な情報を提供し、適切な戦略を選択するのに役立ちます。適切なフレームワークを使用することで、リスクを最小限に抑えながら、戦略的な選択を行うことができます。

戦略の展開と実行

フレームワークは、戦略の展開や実行においても役立ちます。戦略的な目標や行動計画を策定する際に、フレームワークを使用してリソースの配置や優先順位付けを行うことができます。フレームワークは、組織が過去の経験から学び、戦略やプロセスを改善するための手法を提供します。経営者や組織は、フレームワークを使用して過去の成功や失敗を分析し、今後の戦略の改善に活かすことができます。

SWOT分析

SWOT分析は、企業の強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)を分析し、戦略策定に活用する手法です。組織の内部環境と外部環境を組み合わせて、戦略的な優先順位や方向性を決定するのに役立ちます。

ポーターの競争戦略

ポーターの競争戦略は、競合環境を分析し、企業が競争優位を獲得するための方法を提供するフレームワークです。コストリーダーシップ戦略、差別化戦略、集中戦略の3つの一般的な戦略を提供し、企業が競争環境で成功するための選択肢を提供します。

BCGマトリックス

BCGマトリックスは、製品ポートフォリオの成長率と市場シェアに基づいて、製品の戦略的位置付けを行う手法です。企業は、製品や事業部門の成長性と市場占有率に基づいて、投資戦略を決定するのに役立ちます。

バリューチェーン分析

バリューチェーン分析は、企業の価値創造活動を理解し、競争力を向上させるための手法です。企業は、製品やサービスの生産から販売、顧客サービスまでの過程を分析し、コスト削減や品質向上の機会を特定することができます。


これらのフレームワークは、経営戦略の策定や実行において、経営者や経営陣が戦略的な意思決定を行う際に重要な役割を果たします。組織は、適切なフレームワークを選択し、経営戦略の成功に向けて活用することが重要です。

経営戦略の策定にフレームワークを活用するメリット

経営戦略の策定にフレームワークを活用することには多くのメリットがあります。

構造化されたアプローチ

フレームワークは、経営戦略の策定プロセスを構造化し、段階的に進めるための枠組みを提供します。これにより、経営者や経営陣は戦略策定における方向性や手順を明確に把握しやすくなります。

客観的な分析

フレームワークは、データや事実に基づいた客観的な分析を促進します。経営者は主観的な意見や感情に左右されず、客観的な視点から問題や機会を評価し、戦略を立案することができます。

組織内の合意形成

フレームワークを使用することで、組織内の関係者やチームメンバーとの合意形成が容易になります。共通のフレームワークを使用することで、異なる意見や視点を統合し、一貫した戦略を策定することができます。

リスク管理と機会の最大化

フレームワークは、リスクを予測し、管理するための手法を提供します。経営者は、フレームワークを使用してリスクを識別し、それに対処するための対策を講じることができます。また、フレームワークを通じて潜在的な成長機会を発見し、それらを最大限に活用する戦略を立案することも可能です。

戦略的優先順位付け

フレームワークは、異なる戦略オプションを評価し、優先順位付けするための基準を提供します。経営者は、フレームワークを使用して戦略的な目標や重要な取り組みを明確にし、組織のリソースを効果的に配置することができます。

学習と改善

フレームワークは、組織が過去の経験から学び、戦略やプロセスを改善するための手法を提供します。経営者は、フレームワークを使用して過去の成功や失敗を分析し、今後の戦略の改善に活かすことができます。


以上のように、経営戦略の策定にフレームワークを活用することで、構造化されたアプローチ、客観的な分析、組織内の合意形成、リスク管理と機会の最大化、戦略的優先順位付け、学習と改善などのメリットを享受することができます。

フレームワークを活用する注意点

フレームワークを活用する際には、いくつかの注意点を考慮することが重要です。以下に、フレームワークを活用する際の注意点をいくつか挙げます。

コンテキストへの適合性

フレームワークはあくまで一般的なガイドラインであり、すべての状況や組織に適合するわけではありません。経営者や組織は、フレームワークを使用する際に、そのコンテキストや特定の課題に適合するかどうかを慎重に評価する必要があります。

過度な依存の回避

フレームワークに過度に依存することは、創造性や柔軟性を制限する可能性があります。経営者や組織は、フレームワークをガイドとして活用しつつも、新しいアイデアやアプローチを取り入れる余地を残すことが重要です。

限界の認識

フレームワークには限界があります。あるフレームワークが特定の問題や課題に対処するのに適している場合でも、他の問題には適用できない場合があります。経営者は、フレームワークの限界を認識し、適切なタイミングで別の手法を検討することが重要です。

偏りやバイアスの回避

あるフレームワークは特定の視点やアプローチに偏りがある場合があります。経営者や組織は、フレームワークを使用する際に、そのバイアスや偏りに注意を払い、客観的な視点を保つことが重要です。

適切な専門知識の活用

フレームワークを適切に活用するためには、適切な専門知識やスキルが必要です。経営者や組織は、フレームワークを使用する前に、必要な専門知識を獲得し、適切な方法でフレームワークを活用することが重要です。

柔軟性と適応性の確保

フレームワークは、あくまでガイドラインであり、変化する状況や環境に柔軟に適応する必要があります。経営者や組織は、フレームワークを柔軟に調整し、変化に対応する能力を確保することが重要です。


以上のように、フレームワークを活用する際には、コンテキストへの適合性、過度な依存の回避、限界の認識、偏りやバイアスの回避、適切な専門知識の活用、柔軟性と適応性の確保など、いくつかの注意点を考慮することが重要です。

代表的なフレームワーク①3C分析

3C分析は、経営戦略における競争力を分析するためのフレームワークの一つです。この分析は、企業が自らの競争力を評価し、戦略を適切に立案するのに役立ちます。3Cは、Company(企業)、Customers(顧客)、Competitors(競合他社)の頭文字を示し、これらの要素を分析することで企業の戦略的位置付けを理解します。

Company (企業)

まず、自社の強みや弱み、リソース、能力などを評価します。これには、製品やサービスの品質、価格設定、ブランドイメージ、技術革新、組織文化などが含まれます。自社の特長やリソースを正確に把握することで、自社の競争力や戦略的なポジショニングを理解することができます。

Customers (顧客)

次に、顧客のニーズや要求、嗜好、購買行動などを分析します。顧客セグメンテーションや市場セグメントの理解、顧客のニーズへの適切な対応、顧客満足度の向上などが重要です。顧客の視点から企業の価値提供を評価し、市場での競争力を向上させる戦略を策定します。

Competitors (競合他社)

最後に、競合他社や業界全体の状況を分析します。競合他社の戦略、製品やサービスの特徴、市場シェア、価格競争力などを把握します。また、業界の動向や市場の成長率、規制環境なども考慮します。これにより、自社の位置付けや競争戦略を検討し、競争力を強化するための施策を導き出します。


3C分析を通じて、企業は自社の内外の環境を包括的に把握し、戦略的な判断を行うことができます。また、3C分析は柔軟性があり、異なる状況や業界に適用することができます。企業は定期的にこの分析を実施し、市場の変化や競合状況に適応するための戦略を継続的に改善していくことが重要です。

代表的なフレームワーク②SWOT分析

SWOT分析は、経営戦略における重要なフレームワークの一つであり、企業の内部環境と外部環境を評価するために広く使用されています。SWOTは、Strengths(強み)、Weaknesses(弱み)、Opportunities(機会)、Threats(脅威)の頭文字を表しており、以下のような要素を評価します。

Strengths (強み)

企業の強みは、その特徴やリソース、能力に関連します。これには、優れた製品やサービス、強力なブランドイメージ、革新的な技術、高い顧客忠誠度、効率的な生産プロセスなどが含まれます。強みを理解することで、企業は競合他社から差別化を図り、市場での競争力を高める戦略を立案することができます。

Weaknesses (弱み)

企業の弱みは、その欠点や課題に関連します。これには、製品やサービスの品質の問題、財務的な制約、組織内の不足やスキルの欠如、過剰な依存度などが含まれます。弱みを理解することで、企業は改善点を特定し、問題を解決するための施策を打つことができます。

Opportunities (機会)

企業の機会は、市場や産業の動向、成長の可能性などに関連します。これには、新しい市場の開拓、競合他社の弱点を利用した成長戦略、技術革新によるビジネス拡大などが含まれます。機会を理解することで、企業は市場の成長を追求し、新たなビジネス機会を見つけるための戦略を立案することができます。

Threats (脅威)

企業の脅威は、競合他社や市場の変化、経済的な不確実性などに関連します。これには、競合の強化、新規参入者の出現、技術の進化、規制環境の変化などが含まれます。脅威を理解することで、企業はリスクを最小限に抑えるための対策を講じることができます。


SWOT分析を通じて、企業は内部および外部の環境を包括的に把握し、戦略的な方針を策定することができます。また、SWOT分析は柔軟性があり、異なる業界や組織に適用することができます。企業は定期的にSWOT分析を実施し、市場の変化や競合状況に適応するための戦略を継続的に改善していくことが重要です。

代表的なフレームワーク③PEST分析

PEST分析は、経営戦略における外部環境の要因を評価するためのフレームワークの一つです。PESTは、Political(政治)、Economic(経済)、Social(社会)、Technological(技術)の頭文字を表しており、これらの要因が企業や産業に及ぼす影響を評価します。

Political (政治)

政治的な要因は、政府の政策や規制、法律、政治的安定性などを指します。これには、税制の変更、規制環境の変化、政府の施策、国際関係の影響などが含まれます。政治的な環境の変化は、企業の戦略や事業運営に影響を与える可能性があります。

Economic (経済)

経済的な要因は、経済の成長率、インフレーション、失業率、為替レートなどを指します。これには、景気循環の影響、消費者の購買力、市場の需給バランスなどが含まれます。経済的な状況の変化は、企業の収益や市場展開に影響を与える可能性があります。

Social (社会)

社会的な要因は、人口動向、社会構造、ライフスタイル、価値観などを指します。これには、人口の年齢構成の変化、消費者の嗜好やトレンド、社会的責任の重視などが含まれます。社会的な変化は、製品やサービスの需要やマーケティング戦略に影響を与える可能性があります。

Technological (技術)

技術的な要因は、技術革新、デジタル化、インターネットの普及などを指します。これには、新技術の導入、データ分析の活用、競合他社のテクノロジーの進化などが含まれます。技術的な変化は、業界の構造や競争力に影響を与える可能性があります。


PEST分析を通じて、企業は外部環境の要因を包括的に把握し、戦略的な方針を策定することができます。また、PEST分析は将来のトレンドやリスクを予測するための有用な手法でもあります。企業は定期的にPEST分析を実施し、外部環境の変化に適応するための戦略を継続的に改善していくことが重要です。

代表的なフレームワーク④VRIO分析

VRIO分析は、企業のリソースと能力を評価するためのフレームワークの一つであり、競争力の源泉を理解するのに役立ちます。VRIOは、Value(価値)、Rareness(希少性)、Imitability(模倣性)、Organization(組織)の頭文字を表しています。以下に、各要素について詳しく説明します。

Value(価値)

企業のリソースや能力が付加価値を提供するかどうかを評価します。あるリソースや能力が顧客にとって重要であり、市場での需要や競争力を高めることができる場合、それは価値のあるリソースや能力と見なされます。例えば、独自の特許技術やブランド価値がある場合、それらは価値のあるリソースとなります。

Rareness(希少性)

企業のリソースや能力が競合他社と比較して希少であるかどうかを評価します。リソースや能力が競合他社に容易に模倣されることなく、独自性を持つ場合、それは希少なリソースや能力と見なされます。例えば、特定の特許や専有技術が競合他社にはない場合、それらは希少なリソースとなります。

Imitability(模倣性)

企業のリソースや能力が模倣されにくいかどうかを評価します。競合他社が簡単に同じリソースや能力を模倣できない場合、それらは模倣に対して耐性を持つと見なされます。これには、特許保護や独自の生産プロセスなどが含まれます。例えば、特定の技術が独自の特許で保護されている場合、それは模倣に対して耐性を持つと言えます。

Organization(組織)

企業がリソースや能力を効果的に組織し、活用できるかどうかを評価します。組織がリソースや能力を適切に統合し、戦略的な目標に合わせて活用できる場合、それらは競争力の源泉となります。組織が柔軟性を持ち、変化に適応できるかどうかも重要な要素です。

VRIO分析を通じて、企業は自社のリソースや能力の価値、希少性、模倣性、組織能力を評価し、競争力の源泉を理解することができます。これにより、企業は競合他社との差別化を図り、持続可能な競争優位性を確立するための戦略を策定することができます。

代表的なフレームワーク⑤4P分析

4P分析は、マーケティング戦略の策定に広く使用されるフレームワークの一つです。この分析は、商品(Product)、価格(Price)、販売促進(Promotion)、場所(Place)の4つの要素を評価し、顧客に価値を提供するための戦略を立案します。

Product(商品)

商品戦略では、企業が提供する製品やサービスの特徴や品質、デザイン、機能などを評価します。顧客ニーズや市場動向に基づいて、適切な製品ラインナップや機能の開発を行います。また、競合他社との差別化や顧客満足度向上のためのイノベーションも重要な要素です。

Price(価格)

価格戦略では、商品やサービスの価格設定を評価します。競合状況や顧客の価値認識に基づいて、適切な価格戦略を策定します。これには、競争価格戦略、プレミアム価格戦略、価格差別戦略などが含まれます。また、価格設定は企業の収益性や市場シェアに直接影響を与える重要な要素です。

Promotion(販売促進)

販売促進戦略では、商品やサービスの宣伝、広告、販売促進活動などを評価します。顧客に製品やサービスの存在を知らせ、購買意欲を喚起するための効果的なマーケティング活動が重要です。これには、広告キャンペーン、セールスプロモーション、イベント参加などが含まれます。

Place(場所)

場所戦略では、商品やサービスの流通チャネルや販売場所を評価します。顧客が製品やサービスにアクセスしやすい場所を提供することが重要です。これには、小売店やオンラインストアの配置、流通チャネルの最適化、在庫管理などが含まれます。また、顧客の購買プロセスや行動パターンを理解し、それに合わせた場所戦略を策定することが重要です。


4P分析を通じて、企業はマーケティング戦略の各要素を包括的に評価し、顧客に価値を提供するための戦略を策定することができます。これにより、企業は市場での競争力を強化し、持続可能な成長を実現するための方針を打ち立てることができます。

代表的なフレームワーク⑥PDCAサイクル

PDCAサイクルは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)の4つの段階から成る管理手法であり、組織やプロセスの改善に広く利用されています。以下にPDCAサイクルの各段階について説明します。

Plan(計画)

PDCAサイクルの最初の段階は、目標を設定し、改善のための計画を立てることです。この段階では、問題や課題を特定し、改善のための具体的な目標や目標を設定します。また、改善活動の範囲やスケジュール、リソースの割り当てなどを計画します。

Do(実行)

次の段階は、計画を実行することです。この段階では、計画に基づいてアクションを起こし、改善活動を実施します。必要なデータや情報を収集し、アクションを実行することで、目標の達成に向けて進捗を確認します。

Check(評価)

実行段階が終了すると、次に進む前に結果を評価します。この段階では、実施したアクションの効果や成果を評価し、目標の達成度や問題点を確認します。また、目標に対する進捗状況を定量的または定性的に測定し、結果を分析します。

Act(改善)

最後の段階は、評価結果をもとに行動を改善することです。この段階では、改善のためのアクションプランを策定し、問題点や課題を解決するための改善策を実施します。さらに、成功した取り組みを持続可能なものにするための体制やプロセスの改善も行います。


PDCAサイクルを通じて、組織やプロセスは持続的な改善と成長を実現することができます。PDCAサイクルは継続的なサイクルであり、一度の実行ではなく、継続的な改善を目指しています。組織はPDCAサイクルを通じて問題の解決やプロセスの最適化を行い、効率性や効果性を向上させることができます。

代表的なフレームワーク⑦ファイブフォース分析

ファイブフォース分析は、経済学者のマイケル・ポーターによって提唱された戦略的分析ツールであり、競争環境を理解し、競争力を高めるための戦略を立案するために広く使用されています。以下に、ファイブフォース分析の各要素について詳しく説明します。

競争相手の脅威(競争力)

競争相手の脅威は、同業他社や代替製品・サービスからの競争に関連します。業界内の競合構造や競合企業の行動を分析し、新規参入の脅威や既存の競合構造の変化、代替品やサービスの存在などに注意を払います。これにより、企業は自社の競争力を向上させるための戦略を立案することができます。

顧客の交渉力(バイヤーパワー)

顧客の交渉力は、顧客が企業に対して抱える交渉力や影響力を指します。顧客が多くの選択肢を持ち、価格交渉や製品の品質要求に影響を与える場合、バイヤーパワーが高いと言えます。企業は顧客のニーズや要求を理解し、それに応じて製品やサービスを提供することで、バイヤーパワーを抑制し、競争力を維持します。

供給者の交渉力(サプライヤーパワー)

供給者の交渉力は、企業が原材料や部品などを供給するサプライヤーに対して抱える交渉力や影響力を指します。サプライヤーが特定の業界や市場で独占的な地位を持ち、価格や供給条件を支配する場合、サプライヤーパワーが高いと言えます。企業は複数のサプライヤーとの関係を構築し、供給リスクを最小限に抑えることで、サプライヤーパワーを緩和します。

新規参入の脅威

新規参入の脅威は、新規企業が業界に参入し、既存企業に競争をもたらす可能性を指します。市場への新規参入障壁や資本要件、技術的なノウハウ、規制環境などが影響を与えます。企業は競争環境を正確に評価し、新規参入の脅威に対処するための戦略を策定することが重要です。

代替品やサービスの脅威

代替品やサービスの脅威は、顧客が代替品やサービスに切り替える可能性を指します。代替品やサービスが存在する場合、企業は自社の競争優位性を維持するために、製品やサービスの差別化や顧客価値の提供に重点を置く必要があります。


ファイブフォース分析を通じて、企業は業界や市場の競争環境を理解し、競争力を高めるための戦略を立案することができます。また、ファイブフォース分析は継続的な市場分析と競争力の維持にも役立ちます。

代表的なフレームワーク⑧7S

7Sフレームワークは、組織の効果的な変革や組織改善を促進するためのマネジメントツールです。マッキンゼー・アンド・カンパニーのトム・ピーターセンとロバート・ウォーターマンが提唱しました。7Sは、Strategy(戦略)、Structure(組織)、Systems(システム)、Skills(技能)、Staff(人員)、Style(スタイル)、Shared Values(共有価値観)の7つの要素を指します。

Strategy(戦略)

組織が目指す長期的な目標や目的、方針、計画を指します。組織の戦略は、そのビジョンやミッションに基づいて設定されます。戦略は組織の方向性を示し、組織の成長や競争力のための道筋を提供します。

Structure(組織)

組織の形態や階層構造、責任分担などの組織体制を指します。組織の構造は、情報の流れや意思決定プロセス、コミュニケーションのパターンなどに影響を与えます。効果的な組織構造は、業務の効率性や効果性を向上させます。

Systems(システム)

組織内で使用される手続きやプロセス、技術、情報システムなどのシステムを指します。システムは組織の運営に不可欠であり、業務の効率化や効果的な情報共有を支援します。組織のシステムは組織の運営や業務プロセスに直接影響を与えます。

Skills(技能)

組織のメンバーが持つスキルや能力を指します。組織の成功には、適切なスキルや知識が必要です。組織は、従業員のスキルや能力を評価し、必要なトレーニングや教育プログラムを提供することで、スキルの向上を促進します。

Staff(人員)

組織のメンバー、従業員、リーダーシップ、人的リソースを指します。組織の成功には、適切な人材が必要です。組織は適切な人材を採用し、組織の目標や戦略に適合する人員配置を行うことが重要です。

Style(スタイル)

組織のリーダーシップやマネジメントのスタイル、文化、価値観を指します。組織のスタイルは、組織メンバーの行動や意思決定に影響を与えます。リーダーシップのスタイルや組織文化は、組織の方向性や行動パターンを形成します。

Shared Values(共有価値観)

組織のメンバーが共有する価値観や信念、倫理観を指します。共有価値観は組織のアイデンティティや文化を形成し、メンバーの行動や意思決定に影響を与えます。共有価値観は組織全体の目標達成や成功に寄与します。


7Sフレームワークはこれらの要素が組織内で相互に関連しあい、組織全体のパフォーマンスに影響を与えることを強調します。組織は7Sフレームワークを活用して、効果的な組織改善や変革を実現し、持続的な成功を達成するための基盤を構築します。

まとめ

経営戦略における分析は、組織が持つ内部および外部環境を理解し、競争優位性を構築するために不可欠です。SWOT分析やPEST分析などのフレームワークを活用し、組織の強みや弱み、市場の機会や脅威を把握します。これにより、戦略的な方向性や目標を明確化し、持続可能な成長を達成します。

フレームワークによる内部環境と外部環境の分析は経営戦略の策定に効果的です。大切なのは、自社に合ったものを適切に使用するという意識です。質の高い経営戦略を立てるには、さまざまな角度から内部環境・外部環境を分析することが重要です。そのための手段として、今回紹介したフレームワークを是非活用しましょう。


監修者

髙𣘺秀幸
髙𣘺秀幸株式会社秀實社 代表取締役
2010年、株式会社秀實社を設立。創業時より組織人事コンサルティング事業を手掛け、クライアントの中には、コンサルティング支援を始めて3年後に米国のナスダック市場へ上場を果たした企業もある。2012年「未来の百年企業」を発足し、経済情報誌「未来企業通信」を監修。2013年「次代の日本を担う人財」の育成を目的として、次代人財養成塾One-Willを開講し、産経新聞社と共に3500名の塾生を指導する。現在は、全国の中堅、中小企業の経営課題の解決に従事しているが、課題要因は戦略人事の機能を持ち合わせていないことと判断し、人事部の機能を担うコンサルティングサービスの提供を強化している。「仕事の教科書(KADOKAWA)」他5冊を出版。コンサルティング支援先企業の内18社が、株式公開を果たす。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP