これからの新入社員教育の極意とは?指導者のみなさま必見の人材育成方法について解説します!

新人研修・教育

このコラムでは、新入社員の研修と人材育成の方法に焦点を当て、現代の新入社員が職場にもたらす新鮮な視点とスキルの重要性を探求します。教育担当者が新入社員の成長の可能性を最大限に引き出すための実践的な取り組みと、組織全体で新入社員育成を支える文化の構築について詳しく解説していきます。

Contents

最近の新入社員の傾向

情報技術に精通し、多様性を尊重する価値観を持つ今日の新入社員は、従来のビジネスモデルに新鮮な風を送り込み、企業の持続可能な発展を促進しています。ここでは、新しい世代の社員が持ち込む革新的な取り組みと、それが企業文化や成長戦略に与える影響を探求します。

特性と企業成長への影響

最近の新入社員の傾向について考察する際、変化の激しい現代社会の中で、新入社員が持ち込む新鮮な視点やスキルが企業成長の鍵を握っていることが明らかになっています。デジタル環境に慣れ親しんだ世代として育ったこれらの若手社員は、先進技術への理解が深く、社会的な意識が高い傾向にあります。

価値観と企業文化への期待

新入社員は、新しい情報を素早く吸収し、柔軟な思考を持っていますが、同時に、仕事に対する価値観が従来の世代と異なる場合が多く、仕事と私生活の均衡を重視する傾向にあることも見受けられます。

新入社員が重視するのは、単に給与や福利厚生だけではありません。自分の仕事が社会にどのような影響を与えるのか自分たちのキャリアがどのように成長していくのかにも深い関心を持っています。

また、社内でのコミュニケーションやチームワークを重視し、多様性や包括性を大切にする組織文化の中で働きたいと考えています。これらの傾向は、企業が新卒育成プログラムを設計する上で重要なポイントになります。

成長と学習への取り組み変革の必要性

この世代の新入社員に向けては、自己実現や仕事の充実感を求める取り組みが必要です。従来のように上司からの一方的な指示や命令ではなく、双方向のコミュニケーションを重視し、自ら学び、成長する機会を求めています。そのため、OJT(On-the-Job Training)や研修プログラムにおいても、実践的なスキルの習得だけでなく、思考力や問題解決能力を高める内容が求められます。

OJTは、実際の業務を通じて必要なスキルや知識を身につける教育訓練方法であり、指導者が直接的に業務を教えながら、実際の仕事の流れの中で学ぶことができるため、理論と実践のギャップを埋める効果があります。

デジタルスキルと情報セキュリティへの対応

また、デジタル化が進む中、新入社員はソーシャルメディアやオンラインプラットフォームを駆使して情報を収集し、コミュニケーションを図る能力に長けています。これは、企業が業務の効率化や新たなビジネスチャンスを探る上で有効活用できる可能性を秘めています。その上で、デジタルツールの適切な使用方法や情報セキュリティに関する教育も同時に重要になります。

これからの新入社員の成長の可能性を引き出すには

新卒教育の担当者にとって、これらの特徴を理解し、新入社員の持つ能力を最大限に引き出すことが重要です。それには、新入社員が抱える不安や問題に対して、適切なサポートと指導を提供することが必要になります。新入社員が新しい環境に順応し、自らの能力を発揮できるように、心理的な安心感を提供し、ポジティブな学習環境を整えることが求められます。


最近の新入社員の傾向を踏まえ、新入社員育成における指導者の役割は、単に知識やスキルの伝達者であるだけでなく、豊富な経験を生かして個人の成長をサポートする指導者「メンター」としての役割も果たすことが求められます。

指導者は、新入社員のキャリア成長をサポートし、新入社員が直面する課題を共に解決していくパートナーであるべきです。これにより育成の効果は大きく高まり、企業全体の成長にも寄与することになります。

これらの分析と考察を踏まえると、新入社員の特徴とニーズに応じた効果的な新入社員教育の重要性が一層明らかになります。次の記事「新入社員教育に重点を置くべき理由」では、これらの若手社員が持つ成長の可能性をフルに活用し、新入社員が直面する現代的な課題に対応するための新人教育の取り組みをさらに深掘りしていきます。

新入社員教育に重点を置くべき理由

新入社員教育に重点を置くべき理由は多岐にわたりますが、指導者向けの人材育成プログラム設計においては、企業の持続可能な成長と社員の個人的な成長が共存する必要があります。ここでは、その重要性について具体的に掘り下げていきます。

新入社員の潜在能力の最大化

現代の新入社員は、デジタル技術に精通し、革新的な思考を持ち合わせています。これらの能力を活かし、企業内での新たなアイデアやプロジェクトを推進することが可能です。

しかし、これらの潜在能力を最大限に引き出すには、体系的な教育が不可欠です。教育プログラムを通じて、新入社員のスキルを磨き、企業文化に溶け込む方法を学ばせることで、彼らの能力をフルに活用することができます。

組織内コミュニケーションの強化

新入社員に対する適切な教育は、組織内のコミュニケーションスキルを向上させる効果もあります。多様な背景を持つ社員が集まる現代の職場では、効果的なコミュニケーションがチームワークと生産性の向上に直結します。新入社員教育を通じて、社員間の理解を深め、異なる意見を尊重する文化を育むことが可能になります。

変革管理への対応

ビジネス環境の変化に迅速に対応するためには、組織全体での変革管理能力が求められます。新入社員を含む全員が変化を受け入れ、それに適応するためのスキルを持つことが重要です。新入社員教育は、このような変化への適応能力を高めるための重要な手段です。不確実性の高いビジネス環境下で柔軟に対応する能力を新入社員に身につけさせることは、企業の競争力を維持する上で欠かせません。

人材流出の防止

適切な新入社員教育プログラムは、新卒社員の早期離職率を減少させる効果があります。新入社員が組織の一員として受け入れられ、自己実現の機会を見出すことができれば、職場への満足度が高まります。これにより、貴重な人材の流出を防ぎ、長期的な人材確保に繋がります。

企業文化の浸透と継承

新入社員教育は、企業文化の理解を促し、浸透させていく過程でもあります。新入社員に企業の価値観、理想、使命を理解させていくことで、組織全体の一体感が高まり、次世代のリーダー層を育成することにも繋がります。これは、長期的な企業の成功において極めて重要な要素です。


新入社員教育に重点を置くことで、新入社員の成長のみならず、企業の持続可能な成長と競争力の維持に影響していきます。新入社員が直面する課題に対応し、新入社員が戦力化していくための可能性を最大限に引き出すためには、教育体系の構築と正しい運用が求められます。新入社員教育に投資することは、企業にとって長期的な利益をもたらす賢明な選択と言えるでしょう。

新入社員教育の重要性を理解し、その実施における多面的な利点を考慮することで、企業は次なる成長ステージへと進む準備が整います。この過程をさらに深化させ、実際の成果を最大化するためには、新入社員育成を担当する指導者が持つべき心構えの理解が不可欠です。

次の記事「新入社員育成において重要な心構え」では、この心構えがなぜ重要であるのか、そしてどのようにして育成過程全体に有益な影響を与えることができるのかを考えていきます。

新入社員育成において重要な心構え

新入社員育成における指導者の心構えは、新入社員が組織の一員として成長し、貢献するための基盤を築く上で欠かせない要素です。ここでは、新入社員育成を成功させるために必要な心構えについて掘り下げていきます。

長期的視点を持つ

新入社員育成においては、短期的な成果よりも長期的な視野を持つことが重要です。新入社員が即戦力となることを期待しながらも、新入社員のスキルや知識、経験は時間をかけて築き上げていくことも念頭に置きます。指導者は、新入社員が中長期で組織に大きな価値をもたらす人材に成長することを見据え、忍耐強くサポートする姿勢が求められます。

個々の成長を促す

新入社員一人ひとりが持つ個性や能力、学習スタイルは異なります。指導者は、これらの違いを理解し、個々に合わせて取り組むことが大切です。一方的な指導ではなく、新入社員の理解度をふまえた上で、意見や感想を聞き、自発性と主体性を促すよう努めていきます。

コミュニケーションの重要性を理解する

効果的なコミュニケーションは、新入社員育成の成功に不可欠です。指導者は、明確で理解しやすい指示を与え、適切なフィードバックを提供することで、新入社員の成長を支えます。また、新入社員からの質問や疑問へすべて向き合う姿勢でいることが重要であり、安心して意見を共有できる環境を整えることが求められます。

ポジティブな態度を示す

新入社員に対してポジティブな態度を示すことは、新入社員のモチベーションを高め、学習意欲を促進します。失敗を責めるのではなく、学習の機会として捉え、次に活かすために助言することも大切です。また、小さな変化でも積極的に認めることで、自信を持って挑戦する姿勢を育てることに繋がります。

柔軟性を持つ

ビジネス環境や組織内の状況は常に変化しています。そのため、新入社員の育成方法も柔軟に変えていく必要があります。新しい教育手法や技術を取り入れることを前提とし、新入社員のフィードバックを基に教育プログラムを改善していく姿勢が重要です。

継続的な学習と自己改善

指導者自身も継続的に学び、成長することが重要です。新入社員教育の最新のトレンドや効果的な指導法を常に学び、自身の指導スキルを向上させる努力が求められます。また、自己成長の姿勢を示し、指導方法やコミュニケーションスタイルを検証、改善し、より効果的な指導者になることを目指しましょう。


新入社員育成において重要な心構えは、新入社員の成長の可能性を引き出し、次世代の中心メンバーとして成長するための土台をつくります。指導者の教育に臨む姿勢が、新入社員の学習意欲や職場への適応を大きく左右するため、これらの心構えを持つことは、新入社員教育の成功に不可欠です。

指導者がこれらの原則を実践することで、新入社員は自信を持って新しい職場環境に適応し、自らのキャリアを着実に築いていくことができるでしょう。

新入社員育成において、適切な心構えを持つことが重要であることを理解した上で、次に必要となるのは、これらの原則を実践に移すための具体的な指導方法です。次の記事「指導方法のコツ」では、新入社員育成を効果的に行うための実践的な方法とテクニックに焦点を当てていきます。新入社員がより迅速に成長し、組織に貢献することができるようになるでしょう。

新入社員教育の指導方法

新入社員育成における指導方法は、新入社員の迅速な職場適応と中長期での成長に対して大きな影響を与えます。ここでは、新入社員を効果的に指導するためのコツについて掘り下げていきます。

明確な目標設定

新入社員育成の第一歩は、明確な目標を設定することです。これには、短期的な目標と長期的な目標の両方が含まれます。目標は具体的で測定可能であり、新入社員自身が理解しやすいものでなければなりません。目標を設定することで、新入社員は自分が何を達成すべきか、そしてどのようにしてそこに至るかの道筋を持つことができます。

ステップバイステップの取り組み

新入社員へ一度に多くの情報を提供すると、圧倒されてしまい、情報処理をできない可能性があります。そのため、学習過程をスモールステップとし、各段階で必要なスキルや知識を段階的に身につけさせる取り組みが効果的です。この方法により、新入社員は自信を持って次のステップに進むことができ、成果を実感しやすくなります。

実践的な学習の促進

実践を通じて学ぶことは、新入社員育成において非常に重要です。理論的な知識だけでなく、実務を通じた経験により、新入社員はより深い理解を得ることができます。例えば、ロールプレイングシミュレーションプロジェクトの課題など、実践的な活動を取り入れることで、新入社員は職場での課題に直面し、解決策を模索する経験を積むことができます。

ロールプレイング実際のビジネスシナリオを模倣する演習であり、新入社員は特定の役割を演じることで対人スキルや意思決定の技術を磨きます。
シミュレーションコンピュータや現実に近い模型を使用して実際の職場の状況を再現し、新入社員が理論を実際の状況に適用する練習をします。
プロジェクトの課題実際のビジネスプロジェクトに沿って課題を解決し、チームワークやプロジェクト管理のスキルを学びます。

フィードバックの重要性

定期的かつ具体的なフィードバックは、新入社員が自己の成長を理解し、改善点を認識するために不可欠です。ポジティブなフィードバックはモチベーションを高め、建設的な態度での指導は、新入社員へ成長の機会を提供します。フィードバックは、新入社員が自身の進捗を評価し、必要な調整を行うための基盤となります。

メンターシップの活用

メンターシップとは、経験豊富な先輩が後進の指導やキャリアアップを支援する制度です。経験豊富なメンターからの個別指導は、新入社員にとって大きな価値を生み出します。メンターは、新入社員が直面するであろう課題についての洞察や、必要な情報、知見を提供することができます。また、メンターは新入社員にとっての手本となり、職業的成長だけでなく、個人的成長の面でも支援することに繋がります。

サポートシステムの構築

新入社員が学習し成長を続けるためには、サポートシステムの存在が重要です。これには、同僚や上司だけでなく、継続的な教育や支援の提供も含まれます。職場でのサポートネットワークを構築することで、新入社員は困難に直面したときに解決策を導きやすくなります。

柔軟性と忍耐力

新入社員育成の過程は、予測不可能な挑戦を伴うことがあります。指導者は、柔軟で忍耐強く、新入社員個々状況に応じて、調整していく必要があります。個々の進捗に合わせた修正や、新入社員が直面する特定の課題に対する個別支援を継続することが、新入社員が成長していく重要な要因になります。


新入社員を効果的に指導するためには、これらを総合的に理解し、適用する必要があります。新入社員の育成は、スキルや知識の伝達だけではなく、新入社員が職場で着実に結果を出し、職務を遂行していけるため成長を支援する過程も含まれます。

指導者がこれらの原則を実践することで、新入社員はより迅速に職場に適応し、その成長の可能性を最大限に発揮することができるでしょう。これらのコツを組織的かつ体系的に実施するためには、具体的なステップを踏む必要があります。

次の記事「新入社員育成を成功させるためのステップ」では、新入社員育成プログラムを計画し、実行し、評価するための具体的な手順を詳細に説明していきます。これにより、新入社員育成をより戦略的に進めていき、結果に繋げることができるでしょう。

新入社員育成を成功させるためのステップ

新入社員育成を成功させるためには、計画的かつ戦略的な取り組みが必要です。以下は、新入社員育成プログラムを効果的に実施し、その成果を最大化するためのステップです。

ステップ1育成目標の明確化
ステップ2教育プログラムの設計
ステップ3メンターとのマッチング
ステップ4実践的な学習の推進
ステップ5フィードバックと評価
ステップ6継続的なサポートとキャリア開発

以下に、それぞれのステップについて解説していきます。

ステップ1: 育成目標の明確化

成功への第一歩は、具体的かつ測定可能な育成目標を設定することです。これには、新入社員が習得すべきスキル、知識、態度を明確にすることが含まれます。目標は、組織の長期的な展望と直接的に結びついているべきであり、新入社員がその目標にどのように貢献できるかを理解できるようにすることが重要です。

ステップ2: 教育プログラムの設計

育成目標に基づき、新入社員が実践的なスキルを習得できるように設計された教育プログラムを開発します。この段階では、座学、体験学習、オンライン学習、職場での実際の業務を通じてスキルを習得するOJT(On-the-Job Training)など、多様な学習方法を組み合わせることが効果的です。

学習のスタイルやペースが異なる新入社員一人ひとりのニーズに対応できるよう、柔軟な学習オプションを提供することが重要です。

ステップ3: メンターとのマッチング

新入社員一人ひとりに、経験豊富な指導者で、個人の成長を支援するメンターを割り当てることで、個別サポートと指導を強化します。メンターは、新入社員が直面する課題を共に解決し、キャリアの目標設定や職場での適応に関するアドバイスを提供します。メンターと新入社員のマッチングは、相性や専門知識、経験の面で慎重に行う必要があります。

ステップ4: 実践的な学習の推進

新入社員が学んだ知識を実際の仕事に応用できるよう、実践的な学習機会を多く提供します。プロジェクトへの参加や、シミュレーションを通じた問題解決、ロールプレイイングなどを通じて、実際の業務環境での経験を積むことができます。これにより、新入社員は理論だけでなく、実務で必要とされるスキルを身につけることができます。

ステップ5: フィードバックと評価

新入社員育成プログラムの効果を定期的に評価し、新入社員からのフィードバックを収集します。これにより、プログラムの内容や方法を改善し、新入社員の学習ニーズにより適切に対応することができます。また、新入社員の成長と成果を認めることで、新入社員の自信に繋がることやとモチベーションを高めることができます。

ステップ6: 継続的なサポートとキャリア開発

新入社員育成は、一定のレベルに達した後も終わりではありません。継続的な学習機会の提供とキャリア開発のサポートを通じて、新入社員が職場で成長し続けられるようにしていきます。自社でのキャリア計画や研修プログラムへの参加、昇進や異動の機会の提供など、新入社員のキャリアを中長期で形成する施策が重要です。


新入社員育成を成功させるためのステップは、新入社員が職場に適応し、中長期的に組織に貢献できるようにするための基盤づくりとなります。各ステップは、新入社員の個々のニーズに対応し、成長と発展を最大限に支援することを目的としています。

効果的な新入社員育成プログラムは、組織の持続可能な成長と新入社員のキャリア開発の両方を促進する重要な役割を果たします。これらのステップを通じて新入社員育成プログラムの成功を目指す中で、その運営と実施に携わる新入社員教育担当者自身のスキルと知識の向上もまた、非常に重要な要素であることを忘れてはなりません。

次の記事「新入社員教育担当者の教育も重要」では、教育担当者が自身の指導能力を高め、変化する職場環境や新入社員のニーズに効果的に対応するための方法について考えていきます。これにより、教育担当者自身も成長し、新入社員育成の質をさらに向上させることができるでしょう。

新入社員教育担当者の教育も重要

新入社員の教育を成功させるためには、教育担当者自身のスキルアップと知識の更新も不可欠です。ここでは、新入社員教育担当者の教育の重要性と、そのための具体的な取り組みを詳細に解説します。

教育担当者の役割の重要性

新入社員教育担当者は、新入社員の社会人の開始時点において極めて重要な役割を果たします。新入社員に対して必要な知識、スキル、会社の文化を伝えるだけでなく、新入社員が直面するかもしれない不安や問題解決にも寄り添い成長を支援します。したがって、教育担当者は、教える内容だけでなく、どのように導き、支援していくかについても高い能力を持つ必要があります。

継続的な学習と自己成長

教育担当者は、継続的に自身の知識とスキルを高め続けることが求められます。これには、最新の教育手法、学習理論、業界のトレンドに関する知識の更新が含まれます。また、コミュニケーション能力、メンタリング技術、チームビルディングなど、人間関係を扱うスキルの向上も重要です。

メンタリング技術とは、個人の成長やキャリアの発展を支援するための指導や助言を行うスキルです。

効果的な教育手法の採用

教育担当者は、新入社員が学びやすい環境を提供するために、多様な教育手法を駆使する必要があります。これには、双方向性のワークショップeラーニングケーススタディロールプレイイングなどがあります。また、新入社員一人ひとりの学習スタイルやペースに合わせて、個別指導の機会を提供することも大切です。

双方向性のワークショップ参加者が積極的に対話し、協働することを促す対話型セッション
eラーニングインターネットを利用した自己ペースでの学習が可能なオンライン教育
ケーススタディ実際の事例を基にして問題解決能力を養う分析的学習手法
ロールプレイング実際の職務に近いシナリオを模倣し、役割を演じることで実践的なスキルを学ぶ手法

フィードバックと評価のシステムの整備

新入社員からのフィードバックを積極的に収集し、教育プログラムの効果を定期的に評価することは、教育担当者にとって不可欠です。これにより、教育内容や手法の改善点を特定し、より効果的な教育が可能になります。また、新入社員の成長と成果を適切に評価し、必要に応じて個別のサポートを強化することも重要です。

コミュニケーションと関係構築

新入社員との信頼関係を築くことは、教育課程おいて極めて重要です。教育担当者は、建設的で誠実なコミュニケーションを心掛け、新入社員が安心して意見や不安要素を表現できる環境を提供する必要があります。このような関係性は、新入社員の学習意欲と職場への適応を促進します。

デジタル技術の活用

デジタル技術の進展は、新入社員教育においても大きな可能性を秘めています。インターネット学習基盤、仮想現実(VR)によるシミュレーション、モバイルアプリを活用することで、新入社員の学習体験を豊かにし、より実践的なスキルを効率的に身につけさせることができます。教育担当者は、これらの手段を適切に組み合わせ、効果的に活用する方法を学ぶ必要があります。


新入社員教育担当者の教育は、新入社員育成プログラムの成功に直結しています。教育担当者が自身の能力を継続的に向上させ、最新の教育手法や技術を取り入れることで、新入社員はより迅速かつ効果的に成長し、組織に貢献することができるようになります。教育担当者の自己成長と専門的な発展は、組織の持続可能な成長を支える基盤となります。

新入社員教育担当者の教育とスキルアップが、新入社員育成の質を向上させることは明らかとなりましたが、これらの取り組みが真に成果を上げるためには、組織全体の理解と支援も不可欠です。

次の記事「成功させるためには周りが理解すること」では、新入社員育成の取り組みが組織全体に及ぼす影響と、全社員がこれを支え、促進するために必要な理解と協力について掘り下げていきます。これにより、新入社員育成が組織文化の一部となり、全社員が一丸となって新入社員の成長と組織の発展を支えることの重要性を明らかにします。

成功させるために周囲が理解すること

新入社員育成の成功は、教育担当者の努力だけでは成し遂げることができません。組織全体で新入社員育成の価値を理解し、支援する文化が根付くことが重要です。ここでは、新入社員育成を成功させるために組織全体が理解すべき点について解説します。

新入社員育成の組織全体への影響についての理解

新入社員育成は、単に新入社員に必要なスキルや知識を提供するだけではありません。新入社員が成長し、組織に貢献できるようになることで、組織全体の革新性や競争力の向上に繋がります。新入社員育成に対する投資は、中長期的な視野で見れば、組織全体の成長と発展に直結するため、全社員が新入社員育成の価値を理解することが不可欠です。

コミュニケーションの重要性

新入社員育成の過程において、透明性のあるコミュニケーションは重要です。新入社員だけでなく、既存の社員も新入社員育成の目的や成長過程、新入社員がどのように組織へ貢献することが期待されているのかを理解する必要があります。これにより、既存の社員も新入社員の成長を支援する意識が高まり、組織全体での協力体制が築かれます。

チームワークとサポート体制の強化

新入社員がスムーズに職場に適応し、早期に成果を出せるようにするためには、チーム全体のサポートが欠かせません。上司や同僚が積極的に新入社員の成長を支援し、質問に応じたり、必要な資源を提供したりすることで、新入社員の不安を軽減し、学習過程を加速させることができます。その上で、チーム内での協力とサポートの文化を育むことが重要です。

多様性の促進

新入社員育成においては、多様性も重要なテーマです。新入社員の多様な背景を活かすことで、組織に新たな視点やアイデアをもたらします。組織全体が多様性を受け入れ、それぞれの新入社員が持つユニークな価値を認識し、育成することで、より革新的で対応力のある組織づくりに繋がります。

継続的なフィードバックと改善

新入社員育成プログラムは、一度設計して終わりではありません。組織全体の取り組みとして、新入社員からのフィードバックを収集し、教育プログラムの内容を継続的に見直し、改善していくことが重要です。また、新入社員育成の取り組みを評価し、その成果を組織全体で共有することで、プログラムの質をさらに向上させることができます。


新入社員育成を成功させるためには、教育担当者だけでなく、組織全体の理解と協力が不可欠です。新入社員育成の価値を全社員が共有し、積極的にサポートする文化を育むことで、新入社員は迅速に成長し、組織全体の発展に貢献することができます。組織全体で新入社員育成に取り組むことは、持続可能な成長と競争力の向上につながります。

まとめ

新入社員の特性や新入社員教育への関与方法が、企業成長へどのように貢献していくのかについて探求しました。情報技術に精通し、多様性を尊重する現代の新入社員は、企業に新鮮な風をもたらしています。これらの若手社員は、技術的なスキルだけでなく、高い社会的意識と変化を求める力を備えており、企業文化やビジネスの成長過程に影響を与えられます。

これらの新しい世代の社員の価値観と期待に応えるため、新入社員育成プログラムにおいても革新が必要です。具体的には、教育方法を一方的なトレーニングから、対話と協働を重視した内容へと進化させることが求められています。また、新入社員のキャリア形成と個人の成長を支援することで、組織全体の成長と革新に繋げる必要があります。

新入社員育成を通じて、企業が持続的に成長していくための基盤づくりを実現しましょう。新入社員の成長の可能性を最大限に引き出すためには、企業の人事戦略と実施内容を探求していくことが必要であると考えます。

監修者

髙𣘺秀幸
髙𣘺秀幸株式会社秀實社 代表取締役
2010年、株式会社秀實社を設立。創業時より組織人事コンサルティング事業を手掛け、クライアントの中には、コンサルティング支援を始めて3年後に米国のナスダック市場へ上場を果たした企業もある。2012年「未来の百年企業」を発足し、経済情報誌「未来企業通信」を監修。2013年「次代の日本を担う人財」の育成を目的として、次代人財養成塾One-Willを開講し、産経新聞社と共に3500名の塾生を指導する。現在は、全国の中堅、中小企業の経営課題の解決に従事しているが、課題要因は戦略人事の機能を持ち合わせていないことと判断し、人事部の機能を担うコンサルティングサービスの提供を強化している。「仕事の教科書(KADOKAWA)」他5冊を出版。コンサルティング支援先企業の内18社が、株式公開を果たす。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP