会社の組織体制とは?組織体制の種類と導入のメリットや課題を解説

組織マネジメント

会社の組織体制の構築は、企業の成長と持続的な成功の鍵となる要素です。この記事では、組織体制の基本から種類、導入時のメリットや課題について詳しく解説します。

Contents

組織体制の定義

組織体制(そしきたいせい)とは、ある目的を達成するために構成員が取り組む役割、責任、権限などを体系的に整理し、効率的かつ効果的に活動を進めるための枠組みやシステムのことを指します。この枠組みには、人的資源の管理、情報の流れ、物資の配分、意思決定のプロセスなどが含まれます。組織体制は、企業、非営利団体、政府機関など、あらゆる組織において中心的な役割を果たします。

組織体制の要素

組織体制を構成する要素には、以下のようなものがあります。 

組織構造

組織内の部門やチームの配置や階層を定めます。これには、フラット構造、階層構造、マトリックス構造などがあります。

権限と責任

組織内の各メンバーや部門が持つ権限の範囲と、それに伴う責任を明確にします。

意思決定のプロセス

組織内の意思決定がどのように行われるか、中央集権的か分散型かなど、そのプロセスを定めます。

コミュニケーションの流れ

情報の伝達方法や方向(上下左右)を規定します。これには、正式な報告ルートや非公式なコミュニケーションチャネルが含まれます。

人事管理

採用、評価、昇進、報酬、研修など、従業員に関するポリシーとプロセスを含みます。

文化と倫理

組織の価値観、行動規範、倫理規定など、組織文化の形成と維持に関わる要素です。

組織体制の構築と管理

組織体制を構築し管理する際には、以下のステップが含まれます。 

目的の明確化

組織の目的や目標を明確にし、それに基づいて最適な組織体制を設計します。

組織構造の設計

効率的な作業流れと情報の流れを実現するために、適切な組織構造を設計します。

権限と責任の配分

作業の効率化と責任感の向上を図るために、権限と責任を明確に配分します。

意思決定プロセスの確立

迅速かつ的確な意思決定を実現するためのプロセスを確立します。

コミュニケーションチャネルの整備

円滑な情報伝達と意見交換を促進するためのコミュニケーションチャネルを整備します。

人事管理の枠組みの構築

組織の目標達成に貢献する人材を確保、育成、維持するための人事管理の枠組みを構築します。

組織文化の育成

組織の価値観を共有し、モチベーションと結束力を高めるための組織文化を育成します。

組織体制は、組織の効率性、柔軟性、そして持続可能性に直接影響を及ぼします。適切な組織体制は、組織が目標を効果的に達成するための基盤を提供します。それにより、リソースの最適な配分、コミュニケーションの効率化、意思決定の迅速化、従業員のモチベーション向上など、組織全体のパフォーマンスを高めることができます。また、変化する市場や技術の進展に対応するためには、組織体制を柔軟に調整し、継続的に改善することが必要です。組織体制の設計と管理は、組織の成功に不可欠な要素であり、組織のリーダーやマネジメントチームにとって重要な課題となります。

組織体制はなぜ必要か 

組織体制は、企業や団体が目標を達成するために必要な枠組みを提供します。この枠組みには、役割分担、責任の所在、意思決定プロセス、およびコミュニケーションの流れが含まれます。組織体制がなぜ重要なのかを理解するためには、その目的と機能を深く掘り下げる必要があります。以下では、組織体制の必要性を理解するための複数の観点から詳しく説明します。

目標達成のための方向性と焦点の提供

組織体制は、全員が共通の目標に向かって努力できるように、組織全体に方向性を提供します。明確な組織構造によって、各個人やチームの焦点が合わせられ、効率的に目標に向かって動くことができます。

効率的な意思決定

組織体制は、誰が何についての決定権を持っているかを明確にし、意思決定プロセスを合理化します。これにより、迅速かつ効果的な意思決定が可能となり、組織は機敏に市場や内部の変化に対応できます。 

責任と権限の明確化

組織体制によって、各メンバーの責任範囲と権限が明確にされます。これは、役割の重複を避け、責任の所在を明確にすることで、業務の透明性を高め、説明責任を確保します。 

コミュニケーションの効率化

組織体制は、情報が組織内でどのように流れるかを定義します。これにより、コミュニケーションが効率化され、誤解や情報の遅延が最小限に抑えられます。 

リソースの最適化

適切な組織体制を通じて、企業はリソース(人的、物的、財務)を最も必要とされるプロジェクトや活動に効率的に配分することができます。これは、無駄の削減と生産性の向上に直結します。

従業員のモチベーションとエンゲージメント

明確な組織構造は、従業員が自分の役割とそれが組織の目標にどのように貢献しているかを理解するのを助けます。これは、モチベーションとエンゲージメントの向上に繋がります。

成長と拡張の基盤

組織が成長するにつれて、その構造も進化する必要があります。適切な組織体制は、成長をサポートし、新しい部門やチームの統合を容易にする基盤を提供します。

競争優位の確立

効率的な組織体制によって、企業はより迅速に市場の変化に対応し、イノベーションを推進することができます。これにより、競合他社に対する優位性を確立することが可能です。

リスク管理

組織体制は、リスクの特定、評価、対応計画の策定を通じて、リスク管理を支援します。これにより、不測の事態が発生した場合でも、組織は迅速に対応する準備が整います。

法的遵守と規制対応

多くの業種では、特定の組織構造を維持することが法的要件となっています。組織体制は、これらの要件の遵守を保証し、規制上の問題を避けるのに役立ちます。

組織体制は企業や団体が効率的かつ効果的に運営され、持続可能な成長を達成するための基盤を提供します。それは、方向性の提供、意思決定の合理化、責任と権限の明確化、コミュニケーションの効率化、リソースの最適化、従業員のモチベーション向上、成長のサポート、競争優位の確立、リスク管理、そして法的遵守を可能にします。これら全てが組み合わさることで、組織はその目標を達成し、長期的な成功を確保することができます。

会社の組織体制にはどのような種類があるか

会社の組織体制は、その形態や特徴に基づいて異なる種類が存在します。以下に、代表的な組織体制の種類を詳しく説明します。

機能別組織体制

機能別組織体制は、組織を機能ごとに分割し、各部門が特定の業務を担当する形態です。代表的な機能には、マーケティング、営業、財務、人事、製造などがあります。各部門は専門知識を持った従業員で構成され、それぞれの業務に集中しています。この組織体制では、機能ごとに専門化が進み、効率的な業務遂行が可能となりますが、部門間のコミュニケーションや連携が不足する場合があります。 

製品別組織体制

製品別組織体制は、組織を製品やサービスごとに分割し、各部門が特定の製品やサービスの開発や販売を担当する形態です。これにより、製品やサービスに特化したチームが効果的に業務を遂行することが可能となります。製品別組織体制は市場の変化や顧客ニーズへの迅速な対応が求められる場合に効果的ですが、組織全体のリソースの最適化が難しい場合があります。

地域別組織体制

地域別組織体制は、地理的なエリアごとに組織を分割し、各地域ごとに独立した組織体制を構築する形態です。各地域は地域ごとの市場状況や文化に合わせた戦略を展開し、地域内での業務遂行を行います。地域別組織体制は地域ごとのニーズや要件に適したサービスや製品を提供することができますが、組織全体の一貫性や統一性が欠如する場合があります。

マトリックス組織体制

マトリックス組織体制は、機能別や地域別の組織と製品別やプロジェクト別の組織が重なり合う方式です。従業員は複数の組織やチームに所属し、複数の上司から指示を受けることがあります。マトリックス組織体制は柔軟性が高く、異なる部門やプロジェクト間での協力や情報共有が促進されますが、二重の上司への報告や意思決定の複雑化などの課題も存在します。 

フラット組織体制

フラット組織体制は、階層が少ない、あるいは階層が存在しない組織形態です。上級管理職と従業員の間に階層が少ないため、意思決定が迅速に行われ、情報の伝達が円滑になります。フラット組織体制はアイデアや意見が積極的に提案されやすい環境を提供しますが、管理監督の不足や役割の曖昧さなどの問題が発生する場合があります。

グリッド組織体制

グリッド組織体制は、機能別組織と製品別組織の要素を組み合わせた組織形態です。機能ごとに専門化された部門と製品ごとに専門化された部門が並行して存在し、それぞれの部門が製品やサービスの開発、生産、販売に関与します。グリッド組織体制は、専門知識の集中と製品開発の効率化を促進しますが、組織全体の調整やコミュニケーションの課題が生じる場合があります。 

ネットワーク組織体制

ネットワーク組織体制は、外部のパートナーや協力関係を活用して組織を運営する形態です。従業員だけでなく、外部の専門家やパートナーがプロジェクトや業務に参加し、組織の柔軟性と効率性を高めます。ネットワーク組織体制は、外部のリソースや専門知識を活用してイノベーションや成長を促進しますが、コントロールや管理の難しさが課題となる場合があります。

これらの組織体制は、企業の業種や規模、市場環境に応じて様々な形態が存在します。企業は自身の目標や戦略に合った組織体制を選択し、効果的な運営を行うことが重要です。また、継続的な変化や市場の要求に適応するために、組織体制の柔軟性と改善が求められます。

強い組織をつくるための基本

強い組織を築くためには、明確なビジョンの設定、効果的なリーダーシップ、柔軟な組織構造、継続的なコミュニケーション、従業員のエンゲージメント、そして適応性の高い文化の構築が必要です。これらの要素は互いに関連し合いながら、組織の強さと持続可能性を支えます。

明確なビジョンとミッション

強い組織は、明確なビジョンとミッションを持っています。これにより、組織の長期的な目標と目指すべき方向性が定義され、全ての構成員が共通の目的に向かって努力することができます。 

効果的なリーダーシップ

組織の成功は、効果的なリーダーシップに大きく依存します。リーダーは、ビジョンを共有し、チームをインスパイアし、変化を管理し、困難に立ち向かう能力を持つ必要があります。

強固な組織文化

組織文化は、組織内の行動規範、価値観、信念を形成します。強固な文化は、従業員のモチベーションを高め、エンゲージメントを促進し、組織の一体感を醸成します。

オープンなコミュニケーション

オープンで透明なコミュニケーションは、信頼の構築、問題の迅速な特定と解決、そしてイノベーションの促進に不可欠です。定期的なミーティング、フィードバックセッション、そして社内SNSの活用が有効です。 

従業員のエンゲージメントと満足度

従業員のエンゲージメントは、生産性、品質、顧客満足度に直接影響します。従業員の意見を聞き、適切な報酬、キャリア成長の機会を提供することが重要です。 

柔軟性と適応性

市場や技術の変化に対応するためには、組織は柔軟性と適応性を持つ必要があります。これには、新しいアイデアへの開放性、リスクの受容、そして迅速な意思決定プロセスが含まれます。

持続可能な成長戦略

強い組織は、短期的な成功にとどまらず、持続可能な成長を目指します。これには、市場のトレンドの分析、イノベーションの追求、リソースの効率的な管理が必要です。 

効率的なプロセスとシステム

効率的なオペレーションは、組織の生産性を高め、コストを削減します。プロセスの標準化、自動化、および継続的な改善が鍵となります。

強力なチームワーク

協力的なチームは、複雑な問題の解決、新しいアイデアの創出、そして目標達成に不可欠です。チームビルディング活動、共通の目標設定、そして適切なチーム構成が強力なチームワークを促進します。 

継続的な学習と成長

技術の進歩と市場の変化に対応するためには、組織としての継続的な学習と成長が必要です。従業員のスキルアップと個人の成長を支援する教育プログラムがこれを可能にします。 

リスク管理

組織の持続可能性を確保するためには、リスクの特定、評価、管理が不可欠です。これには、財務リスク、運用リスク、市場リスク、法的リスクなど、様々な種類のリスクが含まれます。

イノベーションへの投資

長期的な成功のためには、イノベーションへの継続的な投資が必要です。新しい製品、サービス、プロセスの開発を通じて、市場での競争優位性を確立します。 

これらは強い組織を築くための基本です。組織がこれらの要素を統合し、継続的に改善することで、変化する市場の中で持続的に成長し、成功を収めることができます。

組織はどのように構築していくのか

組織を構築する過程は、戦略的計画、構造の設計、文化の形成、人材の確保、そして持続的な成長と改善に関わる複雑なステップを含みます。以下では、組織を効果的に構築していく方法について詳しく解説します。 

戦略的ビジョンの設定

組織構築の第一歩は、明確で達成可能な戦略的ビジョンの設定から始まります。このビジョンは、組織が長期的に達成したい目標とその目的を定義します。ビジョンは、組織の指針となり、すべての意思決定プロセスの基盤を形成します。

組織構造の設計

ビジョンが定められたら、そのビジョンを実現するための組織構造を設計します。この段階では、役割、責任、階層を定義し、部門やチーム間のコミュニケーションと協働のフレームワークを確立します。適切な組織構造は、効率性、柔軟性、およびスケーラビリティを確保するために不可欠です。

組織文化の育成

組織構造と同じくらい重要なのが、ポジティブな組織文化の育成です。組織文化は、組織の価値観、信念、行動様式を反映し、従業員のモチベーション、コミットメント、および全体のパフォーマンスに影響を与えます。強力な文化は、明確なコミュニケーション、チームワーク、継続的な学習を奨励し、組織の目標達成をサポートします。 

人材の採用と開発

組織の成功は、そのメンバーによって決定されます。適切な人材の採用、育成、および保持は、組織構築の重要な要素です。採用プロセスでは、組織のビジョンと文化に合致する個人を選定することが重要です。また、従業員のスキル開発とキャリア成長をサポートすることで、長期的なエンゲージメントとパフォーマンスを促進します。 

コミュニケーションの強化

効果的なコミュニケーションは、組織構築の中核をなします。これには、透明性のある情報共有、開かれた対話の場の提供、そしてフィードバックの奨励が含まれます。コミュニケーションの強化は、信頼の構築、誤解の最小化、および組織全体の一体感の促進に寄与します。 

目標設定とパフォーマンス管理

明確な目標設定と効果的なパフォーマンス管理は、組織の方向性を維持し、従業員の努力を目標達成に向けるために重要です。SMART(特定、測定可能、達成可能、関連性、時間的に限定された)基準に基づく目標を設定し、定期的なレビューとフィードバックを通じて、従業員の成長と成果をサポートします。 

プロセスの最適化

組織の効率性と生産性を高めるためには、ビジネスプロセスの継続的な評価と最適化が必要です。これには、無駄の削減、プロセスの自動化、およびベストプラクティスの採用が含まれます。プロセスの最適化は、組織が変化する市場環境に迅速に適応できるようにするために不可欠です。 

技術とイノベーションの採用

テクノロジーの進歩を活用し、イノベーションを推進することは、組織の競争力を維持するために重要です。新しい技術の採用は、業務の効率化、製品やサービスの改善、および新たなビジネス機会の創出に寄与します。

リスク管理と回復力の構築

組織は、内外のさまざまなリスクに直面しています。リスク管理プロセスを確立し、潜在的な脅威を特定、評価、対処することで、組織は不測の事態に対してより回復力を持つことができます。 

リーダーシップとチームビルディング

強力なリーダーシップと効果的なチームビルディングは、組織の成功に不可欠です。リーダーは、ビジョンの実現に向けて他者を導き、激励し、サポートする責任があります。チームビルディング活動は、従業員間の信頼と協力を促進し、組織全体のパフォーマンスを高めます。

持続可能性と社会的責任

組織は、環境的、社会的、および経済的な持続可能性を促進する責任があります。持続可能なビジネス慣行を採用し、地域社会への積極的な貢献を通じて、組織は長期的な成功を確保し、社会的な信頼を構築することができます。 

継続的な学習と適応

最後に、組織は継続的な学習と適応の文化を促進することで、変化するビジネス環境と技術の進歩に対応できるようにする必要があります。これには、従業員のスキルアップデート、組織構造とプロセスの定期的な見直し、および新しいアイデアやアプローチへの開放性が含まれます。

組織を構築する過程は、一連の連続したステップよりもむしろ、絶えず進化する旅です。成功する組織は、明確なビジョン、効果的な戦略、強力な文化、そして適応能力を基盤として、これらの原則を継続的に適用し、評価し、改善します。

組織体制別にメリットと課題

組織体制は、組織内での役割分担や権限の配分、コミュニケーションの流れなどを規定する枠組みです。異なる組織体制にはそれぞれメリットと課題があります。以下では、主要な組織体制について、それぞれの特徴と共にメリットと課題を詳しく解説します。

機能別組織体制

特徴

機能別組織体制は、機能ごとに異なる部門やセクションに組織を分割する方式です。例えば、マーケティング部門、営業部門、人事部門などがあります。

メリット

専門化と効率性: 各部門が専門化されるため、その機能に関する専門知識とスキルを磨くことができます。これにより、各機能が効率的に業務を遂行することが可能となります。

明確な責任分担: 各部門に明確な責任が割り当てられるため、業務の透明性と責任の所在が明確化されます。

管理の集中化: 部門毎に専任の管理者が配置されるため、効果的な管理とリーダーシップが提供されます。

課題

コミュニケーションの障壁: 各部門が独立して運営されるため、部門間のコミュニケーションや情報共有が不十分になる可能性があります。これにより、情報の断片化や意思決定の遅延が生じる場合があります。

組織全体の視点の欠如: 各部門が自身の目標や関心に集中するため、組織全体の目標や戦略に関する共通の理解や配慮が欠ける場合があります。

製品別組織体制

特徴

製品別組織体制は、製品ラインやサービスごとに組織を分割する方式です。各製品やサービスに専任のチームや部門が配置されます。 

メリット

製品の専門化と革新性: 各チームが自身の製品に特化しているため、製品の品質向上や革新的なアイデアの発展が促進されます。

市場への適応性: 製品別の組織体制は、市場の変化や顧客のニーズに迅速に対応する柔軟性を提供します。

製品のライフサイクル管理: 製品ごとに専任のチームが配置されるため、製品のライフサイクル全体を管理し、製品の開発から販売までを効果的に管理することが可能です。

課題

リソースの重複: 各製品ラインに専任のチームが配置されるため、人材や予算などのリソースが重複する可能性があります。これにより、組織全体の効率性が低下する場合があります。

組織全体の一体感の欠如: 製品別の組織体制は、各チームが自身の製品に集中するため、組織全体の一体感や共通のビジョンが欠如する可能性があります。

地域別組織体制

特徴

地域別組織体制は、地理的な地域や国に基づいて組織を分割する方式です。各地域に専任の管理者やチームが配置されます。

メリット

地域に適した戦略の実施: 地域別の組織体制は、地域ごとの文化、言語、法律、および市場の特性に合わせた戦略やアプローチの実施を可能にします。

地域間の比較と競争: 地域別の組織体制は、各地域のパフォーマンスを比較し、競争力を高めるための貴重なデータを提供します。

地域ごとの関係構築: 地域別の組織体制は、地域ごとの顧客やパートナーとの関係構築を容易にします。

課題

組織全体の一貫性の欠如: 地域別の組織体制は、各地域が独立して運営されるため、組織全体の一貫性や共通のビジョンの欠如が生じる場合があります。

情報共有の課題: 地域間のコミュニケーションや情報共有が不十分な場合、情報の断片化や意思決定の遅延が生じる可能性があります。

マトリックス組織体制

特徴

マトリックス組織体制は、機能別や地域別の組織と製品別やプロジェクト別の組織が重なり合う方式です。従業員は複数の上司やチームに所属することがあります。 

メリット

柔軟性と適応性: マトリックス組織体制は、異なる機能やプロジェクト間でリソースを柔軟に配置できるため、変化する状況や優先順位に対応しやすいです。

クロスファンクショナルなチームワーク: マトリックス組織体制は、異なる機能や地域、プロジェクト間での協力と情報共有を促進します。

専門知識の最大化: 従業員は複数のプロジェクトや機能に参加するため、組織全体の専門知識を最大限に活用することができます。

課題

二重の上司への報告: 従業員が複数の上司やチームに所属する場合、二重の上司への報告や指示の矛盾が生じる可能性があります。

コミュニケーションの複雑性: 異なる部門やプロジェクト間でのコミュニケーションや意思決定プロセスが複雑になる場合があります。

各組織体制には、それぞれメリットと課題があります。組織は自身のニーズや目標に合わせて適切な組織体制を選択し、継続的な評価と改善を行うことが重要です。

組織体制と経営戦略は密接に関係している

組織体制と経営戦略は、組織の成功や競争力を形成する上で密接に関連しています。組織体制は組織の構造や機能、意思決定プロセスを規定し、経営戦略は組織が長期的な目標を達成するための計画や戦術を提供します。この関係性は、組織の方向性、リソースの配置、意思決定の速度、そして組織文化の形成などの側面で現れます。

組織体制は経営戦略の実行を支援する

経営戦略を実行するためには、組織内での役割分担や意思決定プロセスが明確化された組織体制が不可欠です。具体的には、

役割と責任の明確化

組織体制は、各部門やチームにおける役割と責任を明確に定義します。これにより、経営戦略の各要素が誰が責任を持ち、どのように実行されるかが明確になります。 

リソースの効率的な配置

 組織体制は、必要なリソースを経営戦略に最適な形で配置するための枠組みを提供します。これにより、経営戦略の実行に必要な人材や資源が適切に活用されます。 

意思決定の迅速化

適切な組織体制が整備されていれば、経営戦略に関する意思決定が迅速に行われます。これにより、市場の変化や競合の動向に素早く対応することが可能です。 

経営戦略が組織体制に影響を与える

経営戦略の策定や変更は、組織の構造や機能に大きな影響を与えます。具体的には、下記の通りです。

組織の構造と運営の調整

経営戦略によって、組織の構造や運営方法が変化する場合があります。新たな市場への参入や事業領域の拡大に対応するために、組織体制の再編成が必要になることがあります。

人材の配置と育成

経営戦略に応じて、必要なスキルや経験を持つ人材の配置や育成が重要です。戦略的な目標達成に向けて、適切な人材が配置され、育成される必要があります。

意思決定のプロセスと速度

経営戦略の変更は、意思決定のプロセスや速度にも影響を与えます。戦略的な方向転換が必要な場合、迅速な意思決定が求められます。 

組織体制と経営戦略の連携

組織体制と経営戦略は、連携して組織の成功を支えます。具体的には、 

戦略の展開と実行

組織体制は、経営戦略の展開と実行をサポートします。経営戦略が明確に定義され、組織全体に伝達されることで、実行に向けた取り組みが展開されます。

連携と協力

適切な組織体制が整備されていれば、部門間やチーム間での連携と協力が促進されます。これにより、経営戦略の実行において必要な情報共有や協力が行われます。

組織の文化と経営戦略の一致

組織体制と経営戦略は、組織の文化と価値観とも密接に関連しています。具体的には、 

組織の文化と共通の目標

経営戦略は、組織の文化と共通の目標や価値観を反映するものであるべきです。組織体制と経営戦略が一致していれば、組織全体が共通の方向性に向かって行動することが可能です。

継続的な改善と柔軟な適応

組織体制と経営戦略の関係は、継続的な改善と柔軟な適応が不可欠です。具体的には、

組織体制と戦略の評価

組織は、定期的に組織体制と経営戦略の効果を評価し、必要に応じて調整する必要があります。

市場や競合環境への適応

組織は、常に市場や競合環境の変化に適応するために、組織体制と経営戦略を柔軟に調整する必要があります。

組織体制と経営戦略の関係は、組織の持続的な成長と競争力を確保する上で不可欠な要素です。組織は、両者を統合的に管理し、組織内の全てのメンバーが共通の目標に向かって協力し合う文化を築くことで、市場での成功を達成します。

まとめ

組織体制は、企業の効率、生産性、そして経営戦略の実行に深く関わる要素です。健全な会社経営を続けていくために、内部統制システムを充実させれば適切な組織構築につながります。経営戦略に合った体制を選び、変更することで、企業は市場の変化に柔軟に対応し、競争力を高めることができます。適切な組織体制を構築し、経営戦略の成功に繋げましょう。

組織構築は、企業を成長させて成功に導くための重要なプロセスを果たしています。適切な組織体制が築ければ、業務効率の改善・従業員のモチベーション向上・企業文化の明確化など、様々な効果を得られます。成功事例を参考にしつつ、自社の特性や目標に適した組織構築を目指しましょう。

監修者

髙𣘺秀幸
髙𣘺秀幸株式会社秀實社 代表取締役
2010年、株式会社秀實社を設立。創業時より組織人事コンサルティング事業を手掛け、クライアントの中には、コンサルティング支援を始めて3年後に米国のナスダック市場へ上場を果たした企業もある。2012年「未来の百年企業」を発足し、経済情報誌「未来企業通信」を監修。2013年「次代の日本を担う人財」の育成を目的として、次代人財養成塾One-Willを開講し、産経新聞社と共に3500名の塾生を指導する。現在は、全国の中堅、中小企業の経営課題の解決に従事しているが、課題要因は戦略人事の機能を持ち合わせていないことと判断し、人事部の機能を担うコンサルティングサービスの提供を強化している。「仕事の教科書(KADOKAWA)」他5冊を出版。コンサルティング支援先企業の内18社が、株式公開を果たす。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP