人事評価制度に不満を持つ社員にはどう対処する?人事評価制度に対する不満の原因と対処法を解説

人事制度・評価制度

多くの企業が導入している人事評価制度。その人事評価に対する不満の声が、最近高まってきたと感じたことはないでしょうか。社員の不満に対して人事担当者や管理職はどのように対応していくべきか、不満の原因と、不満が高まることによるデメリット、不満を解消するための対処法について紹介します。

Contents

そもそも人事評価の目的とは

人事評価の目的は、組織内の従業員の実績を評価し、改善を促すための過程として機能することです。この過程は、組織の成功において非常に重要な役割を果たします。

以下に、人事評価の主な目的を詳しく説明します。

成果の測定と向上

人事評価の最も基本的な目的の1つは、従業員の実績を定量的(数値で測ることができる、具体的な数字やデータを使っての評価)かつ定性的(数値では測りにくい、質や特性を考慮しての評価)に測定し、向上させることです。

評価を通じて、従業員は自分の強みと弱みを認識し、必要なスキルや能力を向上させるための行動計画を立てることができます。また、組織は高い成果を発揮する従業員を特定し、その能力を最大限に活用することができます。

報酬と昇進の基準

人事評価は、報酬体系や昇進基準を策定する際に重要な情報源となります。優れた成果を発揮した従業員は、給与の増加や昇進の機会を受ける可能性が高くなります。評価を通じて公平な報酬体系を維持し、モチベーションを高め、組織の競争力を維持するための基準を確立します。

個別のキャリア開発と成長

人事評価は、個々の従業員のキャリア開発と成長をサポートするための手段としても活用されます。評価結果をもとに、従業員と管理者は将来の職務やトレーニングの必要性を議論し、キャリアプランを策定することができます。これにより、従業員は自己成長の機会を得ることができ、組織内での長期的なキャリアの展望を持つことができます。

実績の改善と問題解決

人事評価は、従業員の実績に関する問題や課題を特定するのに役立ちます。評価結果を通じて、従業員と管理者は問題を議論し、改善策を見つけ出すことができます。不適切な行動やスキルの不足に対処するための具体的な対策を打つことで、組織全体の効率性と生産性を向上させることが可能です。

意見交換の促進

人事評価は、従業員と管理者の間での意見交換を促進する過程でもあります。評価を通じて、従業員は自分の業績に対する評価やアドバイスを受け取り、将来の目標と改善点を明確にする機会を得ます。逆に、管理者は従業員の意見や要望を聞くことができ、職場環境の改善に貢献します。

リーダーシップと組織文化の形成

人事評価は、リーダーシップと組織文化の形成にも影響を与えます。管理者は評価の過程を通じてリーダーシップスキルを発展させ、従業員に対するリーダーシップを強化する機会を得ます。また、組織全体において、評価基準が文化や価値観に合致していることが重要であり、望ましい組織文化を形成する手段となります。

法令遵守とリスク管理

人事評価は、法令遵守とリスク管理にも関連しています。公平で差別のない評価過程を確立し、労働法や規制に適合することが重要です。また、評価における不正確な情報や不公平な取り扱いに対するリスクを最小限に抑えるためにも、適切な過程と文書化が必要です。

組織の戦略的目標との整合性

最後に、人事評価は組織の戦略的目標との整合性を確保する役割も果たします。評価基準や評価過程は、組織の戦略や理想に合致し、戦略実行に貢献するために設計されなければなりません。従業員の実績が組織の戦略的目標に寄与することができるようにするために、評価は組織の方針と整合性が取れている必要があります。


これらの目的を達成するために、組織は適切な評価基準、評価方法、評価過程を確立し、定期的な振り返りとコミュニケーションを重視する必要があります。従業員と管理者の協力と共感が評価の成功に不可欠であり、組織全体の実績と成功に大きな影響を与える要素となります。

人事評価に不満が出る要因

なぜ人事評価に不満があるのでしょうか?

従業員の評価に対する不満は、評価過程自体が持つ根本的な問題点が原因であることが多いのです。

従業員が自分の評価結果に不満を持つ理由と、その背後にあるより深い組織の問題点を掘り下げて考えましょう。それぞれの問題に対して、どのようにして改善策を施していくべきかを考察し、より公正で効果的な人事評価システムを構築する方法について詳しく説明していきます。

1.自分が受けた評価に対する不満

従業員が自身の評価に何故不満を持つのか、その根本的な要因を解析し、それに対する具体的な解決策を提案します。

主観性と一貫性の欠如

評価者の個人的な意見や感情が評価に影響を与えることがあります。また、同じ部署内であっても、評価者によって評価基準が異なる場合があり、公平性が損なわれます。

評価基準の不明瞭さ

評価基準が従業員に対して十分に説明されていない場合、自分の行動や成果がどのように評価されるのかを理解するのが難しくなります。

フィードバックが不十分

評価後のフィードバックが不十分であると、従業員がどのように改善すれば良いのか、また自分の業績がどのように受け止められているのかが不明確となります。この結果、不満や不安が生じ、自己改善の機会を逃してしまいます。

具体的な改善策

評価基準の明確化と教育

評価基準を全従業員に対して明確にし、評価過程についてのトレーニングを実施します。これにより、評価者の主観を最小限に抑え、一貫性を保つことができます。

定期的なレビューとフィードバック

定期的な業績評価を行い、具体的なフィードバックを提供することで、従業員が自己改善につなげられるようサポートします。フィードバックは具体的で建設的なものでなければならず、従業員が次のステップへ進むための明確な指針を提供することが重要です。

2.制度自体に対する不満

制度自体に起因する不満の具体的な例を挙げ、それらが従業員のモチベーションや組織への責任を持った関わりにどのような影響を及ぼしているのかを詳しく掘り下げます。

現代の職場に合わない評価方法

特にチームベースの業務が多い現代において、個々の成果だけを評価する方法はチーム全体の努力を無視する結果となりがちです。

評価のタイミングと頻度

年1回の評価では、その間に変化する従業員の成果や状況が反映されにくいです。

努力に評価が見合わない

従業員が投じた努力が適切に評価されず、結果だけが評価の対象になることがあります。これにより、継続的な努力や長期的な貢献が見過ごされがちで、従業員のモチベーションが低下します。

具体的な改善策

チームと個人のパフォーマンスのバランス

チーム全体の成果を評価に組み込むことで、協力して仕事を進める文化を促進します。個人の貢献も重要ですが、それをチームの文脈で評価することが重要です。

評価の頻度を増やす

半年に一度または四半期ごとに評価を行うことで、よりタイムリーなフィードバックを提供し、従業員のモチベーションを維持します。

手順指向の評価導入

結果だけでなく、手順と努力も評価の対象に含めます。これにより、長期的なプロジェクトや継続的な努力が必要な業務に従事する従業員の貢献を適切に認識することができます。


人事評価に関する不満が単なる個別の問題ではなく、より広範な組織的な課題から生じていることが明らかになりました。これらの問題は従業員のモチベーションを下げ、組織全体の生産性に悪影響を及ぼす可能性があります。

組織が改善策を適切に実施し、進化させていくことで、従業員の満足度と組織のパフォーマンスの両方を向上させることができるでしょう。

人事評価制度は、適切に管理され、継続的に更新される必要があります。これにより、公正で効果的な評価が保証され、従業員と組織の両方にとって最良の成果を生み出すことが可能になります。

人事評価への不満を放置すると

人事評価に対する不満を放置すると、組織における様々な問題が生じる可能性があります。以下では、その影響について詳しく説明します。

従業員のモチベーションの低下

人事評価は従業員の業績を認識し、報酬やキャリアの進展に反映させる重要な過程です。不満が放置されると、従業員は自分の努力が適切に評価されていないと感じ、モチベーションの低下につながります。モチベーションが低下すると、仕事の質や生産性が低下し、結果的に組織全体の実績に悪影響を及ぼす可能性があります。

人材の流出

不公平または不透明な評価システムに対する不満は、特に優秀な従業員の離職を招く原因となります。彼らは自分のスキルや貢献が適切に評価される他の職場を求める可能性が高いです。人材の流出は、組織にとって代替要員の採用やトレーニングのコスト増加を意味します。

内部コミュニケーションの悪化

人事評価への不満は、従業員間、または従業員と管理職間のコミュニケーションの障害になります。不満が口にされない場合、不信感や誤解が蓄積され、効果的なチームワークを妨げる可能性があります。これは、プロジェクトの遅延や品質の低下につながり得ます。

社内文化の悪化

評価システムへの不満が長期間放置されると、社内文化にも悪影響を与えます。公正性や透明性の欠如は、企業の価値観や倫理観を損ない、組織内の信頼を低下させます。これは、長期的には組織のブランドや雇用主としての評判を損なう原因となります。

革新の阻害

従業員が公正な評価を受けていないと感じると、リスクを取ったり、新しいアイデアを提案したりする意欲が失われます。これは、組織の革新能力の低下を意味し、市場での競争力を失うリスクにつながります。

法的リスクの増加

不満が高じると、従業員が不公平な扱いや差別を理由に法的措置をとる可能性もあります。これは企業にとって法的費用の増加や評判の損失をもたらし、重大な経済的および社会的影響を引き起こす可能性があります。

リーダーシップの信頼性の低下

人事評価への不満は、従業員が経営陣やリーダーに対する信頼を失う原因となります。リーダーシップの信頼性が損なわれると、組織内での意思決定や変革の取り組みが困難になります。


人事評価への不満を放置することは、従業員のモチベーション、人材の維持、内部コミュニケーション、組織文化、革新の能力、法的リスク、リーダーシップの信頼性など、組織の多方面に悪影響を及ぼします。これらの問題は、結果的に組織の業績と持続可能性に重大な影響を与えるため、人事評価システムの公正性と透明性を確保することは非常に重要です。

人事評価に対する不満を無くすためにできる事

人事評価に対する不満を解消するためにできることは多岐にわたります。不満を取り除くためには、組織全体の文化や流れを見直し、従業員の満足度とモチベーションを向上させる取り組みが必要です。

以下に、不満を解消するための具体的な方法や取り組みを紹介します。

透明性を高める評価基準や過程を従業員に明確に伝えることが重要です。従業員が評価の基準を理解し、評価が公平であると感じることが、不満を解消する第一歩です。
意見交換文化の構築定期的な意見交換を取り入れ、従業員とマネージャーが対話を通じて成長の機会を共有できるようにしましょう。ポジティブな意見だけでなく、改善点についても建設的なアドバイスを提供することが大切です。
目標設定と見守り従業員が明確な目標を持ち、それに向けて進捗を追跡できるようにサポートします。目標の設定と見守りが評価過程に組み込まれると、従業員のモチベーションが向上します。
自己評価の尊重従業員に自己評価の機会を与え、自身の成果や改善点を振り返る機会を提供しましょう。自己評価が評価過程に組み込まれると、従業員は自分自身に対する責任感を高め、評価に対する不満が減少します。
スキル開発とトレーニング従業員のスキルと能力を向上させるために、継続的なトレーニングとスキル開発プログラムを提供しましょう。従業員が自分のキャリアを発展させる機会を得ることは、不満を解消する一因となります。
公平性と偏見の排除評価過程における偏見を最小限に抑えるために、公平で客観的な評価基準を確立しましょう。マネージャーと従業員が共通の理解を持ち、人種、性別、年齢などの要因に基づく差別を排除するための努力を続けます。
評価の連続性と進化評価過程は定期的に見直し、改善されるべきです。従業員からの意見を収集し、手順を改良することで、不満を解消するための前向きなステップを踏むことができます。
報酬と報奨成果に応じた報酬や報奨制度を導入し、従業員が目標を達成する動機づけを高めます。ただし、報酬や報奨の公平性を確保し、差別を排除することが重要です。
仕事と私生活の均衡の支援従業員が仕事とプライベートのバランスを取りやすい環境を提供しましょう。仕事と私生活の均衡が保たれると、従業員の満足度が高まり、不満が減少します。
職業上の進路の明示化従業員に将来の職業上の道筋や成長機会を示し、目標に向かって進むための具体的な計画を提供します。従業員が自分の将来を明確に見ることができると、モチベーションが高まります。

これらの取り組みは、人事評価に対する不満を減少させ、従業員の貢献意欲を向上させるのに役立ちます。しかし、組織ごとに状況やニーズが異なるため、適切な対策を選択し、適切に実施するためには評価と改善が必要です。最終的には、従業員の声を尊重し、公平で透明性のある評価過程を維持することが、不満の解消に向けた鍵です。

次章では、「見直すべき評価基準3要素」として、評価制度を改善するために特に焦点を当てるべき要素について深掘りしていきます。

見直すべき評価基準3要素

人事評価制度は組織の成功に直結する重要な過程ですが、従業員からの不満が生じることも少なくありません。評価制度を見直す際には、成果評価、能力評価、情意評価の3つの要素を適切に組み合わせることが、公平で透明な制度へと繋がります。以下で、これらの要素をどのように考慮し、組み込むべきかを詳しく解説します。

1.成果評価

成果評価は、従業員が達成した結果や目標の達成度に焦点を当てた評価です。この評価は通常、量的なデータや達成目標に基づいて行われます。成果評価の公平性を保つためには、設定される目標がSMART(具体的で、測定可能で、達成可能で、関連性があり、時間的に定められた)原則に基づいていることが重要です。

考慮すべき点

目標の透明性目標は従業員にとって理解可能で、アクセス可能であるべきです。
達成可能性目標は現実的で、従業員が達成できる範囲内で設定する必要があります。
定期的な見直し目標は変化するビジネス環境や従業員の成長に合わせて頻繁に見直されるべきです。

2.能力評価

能力評価では、従業員が持っているスキルや知識、業務実行能力を評価します。この評価は、従業員の成長の可能性と現在の職務遂行能力の両方を考慮に入れることで、個人のキャリア開発と組織の成長を支援します。

考慮すべき点

スキル分析従業員のスキルと職務要件の間でギャップがないかを確認し、必要に応じてトレーニングや教育を提供します。
職業上の進路との整合性評価は従業員のキャリア目標と整合している必要があり、長期的な職業的成長を促進するものであるべきです。
振り返りの活用能力評価から得られた情報を使って、建設的な振り返りを提供し、個々の成長をサポートします。

3.情意評価

情意評価は、従業員の態度、モチベーション、チーム内での協力性といった非常に主観的な要素を評価するものです。この評価は、職場の文化やチームの結束力に大きく影響を与えるため、非常に慎重に行う必要があります。

考慮すべき点

公正性の確保評価者の偏見を最小限に抑えるためのトレーニングを定期的に行います。
多面的評価同僚や上司だけでなく、異なる関係者からの意見を取り入れることで、より全面的な評価を行います。
文化の一致従業員の価値観や態度が組織文化とどのように整合しているかを評価し、必要に応じて調整を行います。

これらの評価要素を適切に管理し、バランス良く組み合わせることで、人事評価制度はより公平で透明性の高いものとなり、従業員の満足度と組織の成果を同時に向上させることができます。評価制度の見直しは複雑で時間を要する作業ですが、正しく行うことで大きな成果を得ることが可能です。

評価者訓練と十分なフィードバック

評価者訓練と十分なフィードバックは、組織やプロジェクトでの実績の評価の質を高めるために不可欠です。

評価者は従業員やチームメンバーの仕事の品質を評価し、振り返りの意見を提供する責任があります。この過程は、個人の成長、目標達成、そして組織の全体的な成功に直接影響を与えます。

以下に、評価者訓練と十分なフィードバックについて、その重要性や方法、および効果的な取り組みについて細かく説明します。

評価者訓練の重要性

評価者としての責任は重大です。適切な評価が社員のモチベーションを高め、キャリア成長を促進する鍵となるため、評価者自身の訓練は組織にとって不可欠です。以下に、評価者訓練の三つの主要な側面について詳しく解説します。

客観性と一貫性の確保

評価者が自身の主観や偏見に左右されずに評価を行うことは、公正な職場環境を保つ上で極めて重要です。訓練を通じて、評価者は以下のようなスキルを習得します。

偏見認識と管理

評価者は自己の偏見を識別し、それに対処する方法を学びます。評価者訓練プログラムには、無意識の偏見訓練が含まれることが多いです。

評価基準の一貫した適用

評価者は、企業が設定した評価基準を正確に理解し、すべての社員に対して一貫して適用する方法を学びます。これにより、評価の公平性が保たれます。

正確な評価のためのスキル開発

評価者が成果を正確に測定し、目標を設定し、効果的に評価を提供するためには、特定の技術が必要です。訓練プログラムでは以下の要素が強調されます

業績測定法

評価者は様々な業績指標とその測定方法を学びます。これには定量的(数値化できる)および定性的(数値化できない)な評価が含まれる場合があります。

SMART目標の設定

評価者は具体的で測定可能で達成可能で関連性があり時間枠を持った目標(SMART目標)の設定方法を習得します。

コミュニケーション能力の向上

効果的な意見交換は、評価者のコミュニケーション能力に大きく依存します。評価者は、以下のようなコミュニケーション技術を訓練によって向上させます

建設的な意見の伝え方

評価者は、批判的でなく、サポート的で、具体的な評価を提供する方法を学びます。これにより、意見が受け手にとってより受け入れやすくなります。

積極的な傾聴と対話

評価者は積極的な傾聴の技術を習得し、社員の意見や感じていることを理解することで、より有意義な意見を提供できるようになります。


これらの訓練が評価者に提供されることで、彼らは自信を持って評価を行い、組織全体のモチベーションと生産性を向上させるために必要なスキルを身につけることができます。

評価者訓練の方法

以下に、評価者が直面する具体的な課題に対処し、彼らのスキルを磨くための多様な訓練方法を紹介します。

体験学習とセミナー専門家による実践的な講義を通じて、評価者は実績の評価の基本を学びます。
ロールプレイングとケーススタディ実際のシナリオを模倣して、評価者は困難な状況におけるフィードバックの提供方法を練習します。
オンライントレーニングプログラム柔軟な学習オプションとして、オンラインコースやウェブセミナーがあります。
メンタリングとコーチング経験豊富な評価者からの1対1の指導が、実践的な学習と個人的な成長を促します。

メンタリング

メンタリングは、経験豊富な人(メンター)が、それほど経験のない人(メンティー)に対し、キャリアや個人的な成長をサポートするためにアドバイスやガイダンスを提供する関係です。メンタリングは通常、長期的な関係であり、メンティーの全般的な発展を目指します。

コーチング

コーチングは、コーチがクライアントの特定のスキルや行動の改善をサポートする過程です。コーチングは一般的に短期的で目標指向であり、特定の成果や目標を達成することに焦点を当てます。

十分なフィードバックの重要性

フィードバックは単なる意見交換以上のものです。実は、それは成長の種、モチベーションの源泉、そして成果向上のカギとなり得るのです。企業や組織が直面する多くの課題に対して、フィードバックは解決策の一端を担い、従業員一人ひとりの可能性を最大限に引き出す手段となります。

以下に、フィードバックが個人の成長、モチベーションの向上、そして実績の改善にどのように寄与するかを詳しく掘り下げていきます。

成長と発展の促進

定期的で具体的なフィードバックは、個人が自己改善を図る上で不可欠です。フィードバックは、従業員が自身の強みと弱みを理解し、スキルや行動を改善する機会を提供します。これにより、従業員は自身のキャリアにおいて持続的な成長を遂げることが可能となります。

モチベーションの向上

認識され、評価されることは、従業員のモチベーションを高める重要な要因です。適切なフィードバックは従業員に対して自身の努力が認められ、価値があると感じさせます。これが自己効力感を高め、職場での積極的な貢献へと繋がります。

実績の改善

継続的なフィードバックは、目標達成に向けての行動の修正を可能にします。従業員はフィードバックを受けることで、何が期待されているのか、またどのようにすれば目標を達成できるかの明確な指針を得ることができます。これにより、具体的な目標に向けての努力が促され、組織全体の実績が向上します。

フィードバックの効果的な提供方法

SMART基準: 具体的(Specific)、測定可能(Measurable)、達成可能(Attainable)、関連性(Relevant)、時宜を得た(Timely)なフィードバックを心がけることが大切です。

ポジティブな取り組み肯定的な側面を強調し、改善が必要な領域をサポートする方法で提示します。
定期的なフィードバック年に1度の評価ではなく、定期的なチェックインと継続的な対話が重要です。
双方向のコミュニケーションフィードバックは対話であり、受け手の意見や感想も大切にします。

評価者訓練と十分なフィードバックは、従業員のモチベーション、成長、そして組織の成功に不可欠です。

評価者は適切な訓練を受けることで、より公正で効果的な評価を行うことができます。また、適切で継続的なフィードバックを通じて、従業員は自己改善を図り、全体の目標達成に貢献することができます。

この過程は、組織の文化を育む上でも重要な役割を果たします。

自社にあった評価方法への変更も検討する

自社に合った評価方法への変更を検討することは、組織の成長と従業員のモチベーション向上に重要な役割を果たします。従業員の実績を適切に評価することは、業績の向上、優秀な人材の保持、そして組織の競争力向上に貢献します。

評価方法を検討する前に

以下では、自社に合った評価方法への変更を検討する際に考慮すべき要因、および変更の方法について詳しく説明します。

組織の目標と戦略の再評価

評価方法を変更する前に、組織の現在の目標と戦略を再評価することが重要です。組織の成長戦略や価値観に基づいて、新しい評価方法を設計する必要があります。組織の使命や理想像と整合性が取れる評価方法を選択しましょう。

実績評価の目的を明確化

評価方法の変更に際して、その目的を明確に定義することが大切です。実績の評価は、従業員の成長を支援し、報酬や昇進の決定をサポートするための手段として使われます。評価の主な目的を明らかにし、評価過程における各ステップをそれに合わせて設計しましょう。

評価基準の再設計

自社に合った評価方法を検討する際、評価基準を再設計することが必要です。従業員の役割や業務に応じて、適切な評価基準を策定しましょう。職業上の道筋、業界の標準、市場競争などを考慮に入れて、基準を更新し、明確に伝えることが重要です。

フィードバックとコミュニケーション

評価方法の変更に伴い、従業員へのコミュニケーションが不可欠です。変更の理由、目的、手順、評価基準などについて、従業員に説明し、フィードバックを受け入れる文化を育てましょう。透明性とオープンなコミュニケーションは、従業員の協力と理解を得るために重要です。

技術とデータの活用

評価方法の変更には、適切な技術とデータの活用が不可欠です。オンライン評価ツールやデータ分析を導入し、評価過程を効率化し、客観性を高めましょう。また、評価データを活用してトレンドを分析し、改善のための情報を得ることが重要です。

従業員の成長と開発を重視

新しい評価方法を導入する際、従業員の成長と開発を重視しましょう。評価結果をもとに、個々の従業員に合わせたトレーニングやキャリアプランを策定し、能力の向上をサポートします。従業員のスキルとモチベーションを向上させることは、組織全体の成功につながります。

定期的な評価と改善サイクル

評価方法を変更したら、定期的な評価と改善サイクルを設定しましょう。評価方法が機能しているかどうかを評価し、必要に応じて修正を加えることが重要です。従業員のフィードバックや実績データを活用して、評価過程を継続的に改善しましょう。

成功への鍵!あなたの会社にぴったりの評価方法

以下にいくつかの評価方法と、それぞれがどのような組織に適しているかを紹介します。

これらの評価方法は、それぞれ異なる組織のニーズに合わせてカスタマイズすることが可能です。適切な評価方法を選択することで、従業員のモチベーション向上と組織全体の成果向上が期待できます。

1.目標管理に基づく評価 (Management by Objectives; MBO)

MBOは、個々の従業員と上司が共同で具体的な業務目標を設定し、期間内の成果を評価する方法です。

この取り組みは、個々の目標が組織全体の戦略的目標に対してどのように貢献しているかを明確にするため、戦略的一致と個人の責任を強化します。

目標指向で成果を重視する組織。特に、明確なビジネス目標が設定されている企業や、個々の成果が組織全体の成果に直接影響を与える場合に適しています。

2.360度フィードバック

360度フィードバックでは、上司だけでなく、同僚、部下、時には外部の利害関係者からも評価を受けます。

この方法は、個人の行動やコミュニケーションスキルに対する包括的なフィードバックを提供し、プロフェッショナルな成長を促します。

チームワークと多角的なフィードバックを重視する組織。特に、多様な視点からの評価を取り入れることで、全方位的なパフォーマンス改善を目指す組織に適しています。

3.継続的パフォーマンス管理

継続的パフォーマンス管理では、年に一度の評価ではなく、定期的なフィードバックと目標の更新が行われます。この取り組みにより、従業員はリアルタイムでのガイダンスを受けながら、即座に行動を調整し、成長することができます。

高度にダイナミックで変化が激しい業界で活動する組織。新興企業や先端技術を扱う企業など、迅速なフィードバックと頻繁な目標の調整が必要な場所に最適です。

4.行動主義評価

行動主義評価では、具体的な行動や業務遂行過程に焦点を当てます。評価基準は具体的な行動指標に基づいており、従業員はその基準に照らして実績が評価されます。これにより、期待される行動が明確になり、従業員の行動変容が促されます。

行動や過程を重視する組織。特に、製造業やサービス業のように、特定の行動や過程が直接的な成果に結びつく場合に適しています。


自社に合った評価方法への変更は、組織の成功と従業員の満足度向上に大きく寄与します。組織の目標や文化に合わせて評価方法をカスタマイズし、従業員の成長とモチベーションを支援しましょう。透明性とコミュニケーションを重視し、評価プロセスを改善し続けることで、より効果的な組織運営が可能となります。

まとめ

社員が人事評価に不満を抱く背景には、人事評価制度自体が抱えている課題も密接に関係しています。

人事評価は、単に従業員の業績を評価し報酬を決定するだけでなく、組織全体の効率向上、キャリア成長の促進、法的遵守、組織文化の強化など、多岐にわたる目的を果たす重要な過程です。これにより、組織は持続可能な成長を遂げることができ、従業員も個人としての成長とキャリアの発展を実現できます。

人事評価制度の不満は、いずれ社員の退職率の増加、業績低下による会社の業績ダウンやコスト圧迫、会社のブランドイメージダウンにつながる恐れがあります。日々変わる状況をしっかりキャッチし、社員の不満や意見を知る機会を持つことが大切です。

またその上で、制度の大幅な改革が必要となるケースもあるでしょう。その場合においても、密なコミュニケーションや丁寧なフィードバックを図るなど一人ひとりの社員に向き合う姿勢が求められるでしょう。

監修者

髙𣘺秀幸
髙𣘺秀幸株式会社秀實社 代表取締役
2010年、株式会社秀實社を設立。創業時より組織人事コンサルティング事業を手掛け、クライアントの中には、コンサルティング支援を始めて3年後に米国のナスダック市場へ上場を果たした企業もある。2012年「未来の百年企業」を発足し、経済情報誌「未来企業通信」を監修。2013年「次代の日本を担う人財」の育成を目的として、次代人財養成塾One-Willを開講し、産経新聞社と共に3500名の塾生を指導する。現在は、全国の中堅、中小企業の経営課題の解決に従事しているが、課題要因は戦略人事の機能を持ち合わせていないことと判断し、人事部の機能を担うコンサルティングサービスの提供を強化している。「仕事の教科書(KADOKAWA)」他5冊を出版。コンサルティング支援先企業の内18社が、株式公開を果たす。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP